やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
最新の記事
安達太良学事始め
 このところ地域の固有名詞を関した○○学なる学問が盛んな気がします。東北学や会津学はあるが安達太良学なるものがまだ見当たらないので大雑把なつかみで検証してみようと思います。まずは文化のジャンルから。何といってもこちらは万葉集に詠まれた北限の山が安達太良山であることです。
  陸奥の安達太良真弓 弦(つら)はけて 引かば香人(かひと)の 名を言(こと)なさむ
  安達太良の 嶺(ね)に伏す鹿猪(しし)のありつつも 我(あ)れは至らむ 寝処(ねど)な去りそね
  陸奥の安達太良真弓 はじき置きて 反(せ)らしめきねば 弦(つら)はかめかも
万葉集の世に三首も詠まれたのは驚きであり、後の世に高村光太郎によって詠われた『智恵子抄』に続く文学の山でもあります。
  9月に映画が封切りされる『天地明察』(本屋大賞、著者・沖方丁)に二本松藩算学塾である礒村塾が出てきます。主人公の渋川春海が江戸の会津藩邸を出て、渋谷宮益坂の金王八幡宮にある算学絵馬を奉納に行く下りが礒村塾の名が登場する場面です。そこで出会うのが後に妻となる才女『えん』。碁打ち名門出の渋川春海が得意の算学と暦法の才能を会津藩主保科正之や水戸光圀見込まれ、困難な改暦事業を何度も挫折しながら成し遂げるという歴史小説です。金王八幡宮で春海が写し取った中で一番気になった算学絵馬の問が礒村吉徳出題であったのです。
  この礒村塾の礒村吉徳は、京に生れ鍋島藩家人から二本松藩に召抱えられた和算学者として二本松市根崎の善性寺に眠ります。江戸時代の和算家として多くの弟子を輩出し、兄弟弟子には高名な関孝和がいます。またこの時代の和算書として江戸のベストセラー『算法闕疑抄』があり、礒村吉徳の設計により作られた用水が二合田用水です。あだたら高原スキー場東側の烏川から取水して18km、複雑な地形を経て霞ヶ城に到達し今も流域の田圃を潤しているのがこの用水です。用水取水口から3kmほど下ったところからは酪農地帯でありウォーキングコースに沿って澄んだ水がゆうゆうと流れます。
  和算額の最も多く現存するのは福島県です。その中で和算の歴史を紐解くといかに二本松藩の和算塾が盛んであったことが感じられます。ちなみに岳温泉が今も湯量が豊富なのは源泉からの引き湯によるものです。引き湯の設計は二本松藩校敬学館教授の渡辺東岳(土湯出身)によるものです。安達太良学の1ジャンルに和算学を入れてもいいかもしれません。
  岳温泉は標高500mから600mのところにあります。北側の福島市にある黒森山(740m)から南側にある苗松山(480m)までの南北10km、東西1km幅のなだらかな大地を岳地溝帯といい洪積世以降に形成された特異な地形ということで地質学者の研究の対象にもなっています。このなだらかな地形はウォーキングには大変快適な地形だと自負しています。詳細はいずれ日にか書いてみますが、地学もまた安達太良学の一ジャンルに加わると思います。
  色んなジャンルから安達太良山にこれからも光を当ててみたいと思います。ご意見を下さい。 
ランドマーク考
わが二本松のランドマークである安達太良山、稜線の雪がようやく解けて黒くなり出しました。今年もシンボルの雪形が駒形、鮒形、千鳥形と順に現れるのでしょうか。この冬はエルニーニャの影響とやらで偏西風の蛇行が激しくいつになったら春になるのかと思っていたら、やっぱりゴールデンウィークになると例年通りに桜が咲き出すものです。梅もレンギョウもこぶしもいっせいに咲き出しました。岳温泉の桜坂は咲き始めからたった2日で満開状態。偏西風の蛇行が今度は急に暖かい空気をいっせいに安達太良山に送ってくれたのでしょう。あの3.11から1年と2ヶ月目にしてようやく復興の息吹らしきものを肌で感じています。1年以上待ってやっと春が来た感じです。
福島県内各地でも何となく春の芽吹きが見えてきました。いわき市のランドマークといえばアクアマリンふくしま。津波の被害から立ち直り再開業、水族館横の砂浜で潮干狩りの映像を見ると放射線量も低下したのだと思わず喝采です。
一方、県外でも東京スカイツリーの開業を5月22日に控え盛り上がってきているとのこと、東京のランドマークは東京タワーから完全にシフトすることでしょう。武蔵の国の高さ(634m)に合わせるなどうまいものですね。大阪では728(浪花)のタワー建設が検討されているとか(こちらはタケシの冗談くさいけど)、いずれにしても「人呼んで栄えるまちづくり」をどこもめざしていますね。
ちなみに福島のランドマーク的モニュメントは笹森山の電波塔ですかね。阿武隈山地には日本標準時の電波塔がありますがご存知ですか?東日本の発信基地が田村郡都路村大鷹鳥谷山にあります。ちなみに西日本のそれは佐賀県羽金山にあります。日本標準時の子午線東経135度が通る位置の明石が有名なので電波塔も人寄せにならないものでしょうか。
あの3.11からはドタバタの一年間でしたが、震災直後から岳温泉を2次避難の場所として過ごしていただいた浪江町の皆様からの素晴らしいお申し出を喜んでお受けしました。避難直後に岳温泉の桜の状態を気にして下され、今年の春の桜の咲く前に浪江町商工会の皆様が「自分達は桜が好きだから桜の手入れをしてあげたい…」との申し出、私たち岳温泉観光協会は甘んじて申し出をお受けしました。お蔭で今年の岳温泉の桜は見事に咲きました。この場をお借りして改めて浪江の皆様に御礼を申し上げます。写真は見事に咲いた桜坂。絆の桜トンネル、感謝感激です。(こちらはランドマークではありませんが古くからの桜の名所です)。
さて、我が福島県中通のランドマーク『安達太良山』から、新東京のランドマーク『スカイツリー』は見えるのでしょうか?同じ二本松市岩代の日山、羽山から富士山が見えるとのこと。スカイツリーが見える?北限の山『安達太良』ってなのはいかがでしょう。

I Love You、 Fukushima Japan.
このところ海外からの反応が大いに気になります。
先日はジュニアスキー大会の招待選手引率で日本に初めて来たアメリカ人母親が日本はどこもきれいだとの話に「ヘー、そうなの?!」と変に納得。
同じ時期にパリに出張した娘婿が、パリは汚くて驚いたとの話、昔は『花の都パリ』であったのが、今はそうではないのでしょうか。
この春休みには、南相馬で被災したふくしまっ子がポルトガル在住の日本人から招待を受け渡航しています。引率の『あのねのね』の清水国明氏のfacebook情報ですが、歓迎レセプションにはポルトガル大統領も臨席し、すごい歓迎ぶりのようです。出発前のオリエンテーション合宿を我が宿で行ったのですが、その時に練習した『相馬流山踊り』を披露、満場の喝采を浴びている様子がfacebookに載っております。日本大使公邸ではリスボン市の復興のレクチャーを受けるなど、子供たちは感動的な体験をしているようです。日本とポルトガルとの歴史的に長い関係が、このような出会いの場を作ってもらっているのでしょう。
先週『JICAボランティア同窓会in福島』という催しがあり、青年海外協力隊員だった皆さんが全国から250人も福島復興のために集まっていただきました。パーティーには二本松市長と私もご招待を受け参加。派遣先の国々からの東日本大震災へのお見舞いの報告を聞き、アフリカやアジアの国々での日本人のボランティア活動がすごい評価を受け、地震津波被災国ニッポンへの心温まるすごい支援の報告に思わず目頭が熱くなりました。
JICA理事長を退職される緒方貞子さんが日本人の海外留学が減るなど若者の内向き志向が指摘されていることに関して、JICAの採用応募者数の倍率がここ数年、約100倍だと紹介した上で「最近は科学や技術系学生の応募も増え、社会全体が彼らにもっとチャンスを与えてほしい」と述べ、グローバル人材は減少していないと強調した(3月29日朝日新聞)とのこと、海外での日本人の評判は私たちが考えている以上なのかもしれません。
原発事故被災地の『FUKUSHIMA』は今、世界で一番有名な固有名詞になりました。福島人が原発事故被災県民としての同情を買うことだけから抜け出し、いち早く着実に復興する県にしたいものです。写真はJICA二本松訓練所の退所式のワンショット。岳温泉にお出でになったとき、是非一度お立ち寄りください。世界各地の民族衣装や暮らしぶりなどの展示室もあり、海外協力隊員たちの様子も分かり、すごく啓発されるところです。

東西ネーミング考
『大雪はラニーニャの仕業』との報道に変に納得。ペルー沖の海水面低下がインド洋東部からインドネシア近海の海水温が上昇をもたらし偏西風が蛇行し、寒気が南下し易かったから日本の西でシベリア高気圧が強まって寒気をもたらしたとのこと。『冬将軍』が勢いづくのは『ラニーニャ』の所為なのでしょう。関東地方やわが福島県は浜・中通りに春の大雪をもたらすのが『台湾坊主』というのも何となくわかる気がします。気象に関する現象にはニックネームがつけやすいのでしょうか日本も外国も判りやすい名称がついている気がします。
ラニーニャによる大雪現象はマスコミ報道ではすごい豪雪をもたらしているようですが実際には日本海沿岸地帯の低部だけが豪雪状態。山岳地帯の積雪は例年通りだそうです。ちなみに安達太良山の積雪は例年通りです。
先週行った蔵王山の樹氷は寒さの所為か見事なスノーモンスターでした。山頂付近は日中でもマイナス15℃以下にこの冬は度々なるそうで、冷え込みが強くて降雪量は余り多くないとのこと。そこで聞いた話。蔵王山の鳥兜山とキッツビューエルのハーネンカムの意味が同じ『鶏冠』だそうです。ハーネンカムというのはオーストリアのキッツビューエルにある有名な滑降コースの名称。スタート地点がトサカのように急峻でスキーワールドカップでの最も難コースと言われているコースです。ちなみにこのキッツビューエル出身の一番有名なスキー選手はオリンピック初の三冠王トニーザイラーです。蔵王の鳥兜山から下りるコースにはハーネンカムコースと後に名付けられたようですが、鳥兜山はスキーが渡来する前からの名称で不思議な一致です。
さて安達太良山は別名・乳首山。アイヌ語の辞書にあるtotoの意味が乳房とか母親の意味です。アイヌ語のaは私の意味。atotoが福島の地では北海道よりは暖かく口を大きく開けたからadataになったのでしょうか?同じ意味のオッパイ山がスコットランドにありその名はPaps Mountainだとか。安達太良山は日本酒の名産地、パップスマウンテンはウィスキーの名産地。こちらの名称は酒が取り持つ縁かも知れません。洋の東西を問わず面白いニックネームが付くものですね。
偏西風を蛇行させるラニーニャは女の子の意。エルニーニョ(男の子)は雨を多く降らせ温暖化するとか。ラニーニャのお蔭で3月に入っても安達太良山は絶好のスキーコンディションです。純白の乳首山絶景をぜひ見においでください。カンパーイ!
  写真は蔵王の樹氷です。ヘルメット姿のこの方にハーネンカムの意味を聞きました。

復興元年のつぶやき
  ツィッターとかfacebookの影響ってすごいですよね!?アラブでツィッター革命の火の手が上がっていた去年の今頃にちょうど飛行機で見た映画がfacebookの開発者の映画だったのが何かを予兆している気がしてなりません。将にこの一年間はその影響のど真ん中にいる気がいたします。東京など出張にいくと電車のホームや車内では半分以上の人がiPhoneをいじりっぱなしの光景に出くわします。自分もいい歳をしてこんなことでいいのかな?と思いつつもつい携帯の画面をいじってしまうほどの変な癖がついてしまったかのようです。私の娘も自分の行動を「つぶやく」ことが得意らしく居場所も行動もスケスケです。友人がヨーロッパから素晴らしい写真付きでfacebookのニュースフィールドに送ってくると自分も昔に見たことのあるような写真なのでつい知ったかぶりをしてつい地名の当てっこをしてしまう有様。数えられるくらいの回数しか行ってないヨーロッパなのでiPhone画面でのチラ見で場所が判明されたかに見えるのはテレビ画面が焼き付いてるのでしょうが、特に冬場のCS、BSスポーツチャンネルで有名なスキー場の画面は頭に入ってますので、実体験と仮想現実の境が分からなくなってるようです。
  そう言えば、同じ時期にアラブ諸国のチュニジア発ツィッター革命とやらがエジプトに飛び火し、あっという間にリビアに火の手が上がってしまいましたね。エジプトのムバラク大統領も有名だったけど、ヒットラー張りの鬼才カダフィーはかなりしぶとかった気がします。アラブ諸国の革命の嵐が前触れであったように宮城県沖で巨大地震が起き、想像を絶する津波、そして福島第一原発の爆発メルトダウン。こちらも映画で見たこともあるようなシーンでした。
  他国の革命騒ぎが劇場社会での出来事に見えてしまうのは、本当は困ったことであると思います。いくら血を流しても痛くなく、高いところから飛び降りても怪我もせず、人類が滅亡するほどの天変地異が、現実か虚構か見境がつかない世の中になったようです。
  facebookやツイッター革命の世の中になっても放射線の目に見えない恐怖は伝わらない気がします。線量の低い岳温泉に居る私などはつい放射能汚染を忘れてしまいがちです。今年は復興元年、放射能の除染には膨大な時間と手間がかかる事でしょうが少しずつでも前に進めたいものです。世界的に有名になった  FUKUSHIMAに冬期オリンピックを誘致しようなどの声も上がってきました。誘致の際に一番問題になるスキー競技アルペンの滑降の会場もGoogle Earthで簡単に標高差を測れます。夢を描くにも簡単な世の中になったものです。純白の安達太良山は変わらず魅力的ですよ。雪山で復興の構想でも練りにお出でください。
年の瀬雑感
 今年一年を振り返ってみると、3.11の前と後では生き方そのものがまるっきり変わってしまったという人は多いのではないでしょうか。私もその一人です。震災直後には一日も早く通常営業に戻そうと、壊れた館内を地元の建築屋さんに依頼して補修を開始。電気は翌日に復旧したものの水道は3週間ストップ。余震がある都度、地震でできた地割れや段差は大きくなり、館内の配管系統を直すのにも我社の社員はかかりきりで8割程度が回復したのは1か月後でした。4月5日からは一部建物を被災された浪江町の皆様の2次避難所に提供、一般営業開始は7月16日ですが今でも一部の宴会場は使えないままで年を越すことになりました。
 創業以来続けてきたゑびす講(旧暦の10月20日)をうっかり忘れそうになったこともありました。夕方になってハッと気付き昭和9年からこの日にお出ましになる恵比寿様と大黒様にご登場いただき、今年は生きた鯉の献上はなく勘弁してもらいました。
 地域的なことも例年の軌道に戻そうと色んなことをやりました。岳温泉観光仮想盆踊りが8月27、28日と行われこれで何とか例年の年中行事も始まったかと思きや、翌週9月6日の早朝に鉄山(標高1708m)が崩落、温泉がストップする事故が発生。崩落の原因は3.11大地震で鉄山の一角に亀裂が入り長雨で一挙に崩れ落ちたものです。岳温泉湯元の歴史的記述が貞観5年(863年)から始まり、その5年後の貞観9年が貞観津波の年であり東日本大震災は千年に一度の大震災であったことにも符合します。ちなみに安達太良カントリークラブのアウトコース9番ティーグランドの横の小山の三角点は1.2m東に移動したそうです。
 二本松提灯祭りは300年の伝統を守り10月4,5,6日に開催、菊人形も10月15日から11月13日まで入場料無料にて開催、秋のシーズンに入りようやく活況を呈して来たかなと思えます。
 ゑびす講をうっかり忘れてしまうような異常な年でしたが、12月3日にロビーラウンジの暖炉の火入れ式で鎮火祭、5日は旅館組合恒例の防火訓練、23日〜25日のクリスマスパーティ、27日の神棚のすす払い、28日の松飾り、30日のお供え飾りとようやく年を越せるようになりました。震災後数多くの方々から、お見舞いと激励の言葉を頂き年の瀬を迎えられることに改めて感謝を申し上げます。
 
  写真の折り紙『舟形』は懇意にしていただいているお客様から昨日頂きました。正月二日に枕の下に入れて寝るのが古いしきたりだそうです。舟に書き記された歌は『長き世(夜)の 遠の眠ふりの 皆目覚め 波乗り舟の 音の良きかな』の回文です(ひらがなにして後ろから読むと同じ文になります)。わざわざ300枚もの舟形をお贈り頂いたことには大感激です。正月2日にお泊りのお客様には皆様にお渡し、いい夢を見ていただきたいと思います(悪い夢を見たときは舟を川に流すとのこと)。 
  来年の辰年はいい年にしましょう。
福島からの視点
 大地震から早や9か月、戸外での運動が極端に少なかった年のように感じます。道端や校庭などの放射線量が高い地域のことが度々報道されたりすると、ついその影響を受け、ただでさえ怠け者の私などは足が止まってしまいます。最近の新聞報道は、またまた新米の基準値オーバーの報道。福島県で最初の放射能汚染米報道は二本松だったのですが、全量検査を実行しているから大丈夫ですが、先日の隣町の汚染米騒動は、主食ゆえに何を信じて食べればいいのか迷ってしまいます。地産地消が売り物の福島県の旅館にとっては急ブレーキがしょっちゅうかかる車に同乗しているみたいです。花木の除染などを完ぺきに進め、来年の夏はおいしい福島ブランドが復活し、千客万来の福島県復活と行きたいものです。
 11月は芸術の秋。岳温泉の近辺でも良く美術展が開かれています。安達太良高原美術館「青」では『福島青年美術の展望展』開かれ、二本松市民ギャラリーでは『安達太良画会』が開かれました。『青』のオープニングでのある著名な画家の一言「今年の出展作品は、昨年に比べて作風が暗い」と…。素人の私には感じられなかったのですが、感覚の鋭い芸術家は違いを敏感に感じるようです。
 安達太良画会にての作品名『見えない恐怖』は放射線の恐怖に怯える子供たちが白い防護服を着て集合写真的な絵、『漁港の憂愁』は瓦礫の積まれた埠頭から遠くの海を眺める漁師の絵。そして、全体が蒼い抽象画の中心付近の黄色く元気な向日葵の花の絵は『希望、鎮魂の肖像』。芸術家の視点で今の福島を表現するとこうなるのでしょうか。
 連日の新聞報道も福島県の2紙(民報と民友)と全国紙の紙面構成の違いにハッとします。出張先で見る地方新聞も放射能記事はほんのわずかです。知らず知らずのうちに我ら福島県人に入ってくる情報が偏ってしまうのは致し方ないのですが、微妙に県民の心に他県とは違った影響がある気がいたします。
 一方、放射能汚染が気になる県でも何か元気になれる方法がないかとも思います。先々週には、パワーウォーキングの手法を理論化した、ドイツのハートヴィッヒ・ガウダー氏が6度目の訪問があり勇気づけられました。チェルノブイリの事故の後、ドイツでもキノコ類や野生動物をとって食べることは長く禁じられていたとのことです。ガウダー氏の健康増進の理論は正しい歩き方が健康増進につながり、それを自ら積極的に取り入れることに言及しています。足の正しい動きで身体の循環機能がうまく働きバランスのとれた健康増進につながります。岳温泉はそのウォーキング理論を地域ぐるみでプログラム化しています。視点を変えて中通り地区では放射線量の低い岳温泉で歩き、積極的に健康増進をはかることもお勧めです。写真はガウダー氏のパワーウォーキング講習会風景。参加した方は健康は自ら積極的に獲得するものであることを座学と実践で悟っていただいたことでしょう。
二本松彫刻めぐり
  文化の日が近づくと、今年はどんな方が受賞されるのだろうかと楽しみになります。今までに文化勲章を授与された大山忠作画伯や高橋信次博士(CTスキャナーの原理発明)が二本松出身であることはふるさとの誇りです。そして今年は彫刻家の橋本堅太郎先生が文化功労賞に選ばれました。橋本先生は現在、伊勢神宮式年遷宮のための神馬(しんめ)を制作中であり平成25年には私たちの目にも触れることになります。
  実は、橋本堅太郎先生の作品は二本松にはたくさんあり、二本松市全体が橋本堅太郎彫刻ギャラリーだといっても言い過ぎではありません。橋本先生のお父様は二本松の大平出身、お母様は旧安達町のご出身で、小学校に入るまではほとんど二本松市で過ごされたました。二本松には先生のふるさと応援団ともいうべき橋本堅太郎後援会があり、毎年先生の作品を見る『日展を見る会』などに参加するこができ、一流の芸術家と気軽にお話しする機会があります。日展の理事長時代には大山忠作会長との二本松コンビで日本最大の芸術家集団をお纏めになり、日展百周年の行事、日展会館建設や国立新美術館への展示会場の変更などに尽力されました。
  先生の作品の主なものを紹介したいと思います。JR二本松駅を降りて正面のところには二本松少年隊士の『霞城の太刀風』、そして安達太良山の見える西側にあるのは高村智恵子の立像『ほんとうの空』、続く大山忠作美術館には『虚』『双樹』『小さな祈り』『希』、二本松歴史資料館には『もえる』『韻』などの木彫が展示されています。二本松市役所の『清冽』、二本松市総合体育館『踊』は迫力のある作品です。旧安達町役場の『潮』、市民会館『渓流』はまた違った作風が伺えます。霞が城の箕輪門前には『二本松少年隊士像』があり、二本松少年隊の歴戦ぶりを偲ぶこともできます。
  自館の宣伝になりますが、当館にも『流木』『森の妖精』『流麗』『弧』『お通の像』などの木彫やブロンズ像があります。橋本先生のお父様の作品『天女』もあり、ご滞在中の皆様に鑑賞していただいております。
  岳温泉神社境内には『甲子大黒天』が鎮座しておられますが、この作品は昭和59年の甲子の年に岳温泉の永遠の繁栄を願い先生に制作していただいきました。同じ境内の『十二支めぐり』は大山忠作画伯と橋本堅太郎先生という両巨匠の合作です。この十二支めぐりの原画と版画の制作をお願いする際に、私が余りにも気軽に両巨匠に合作をお願いしたことを思い出すたび、穴があったら入りたいくらいに冷や汗ものの芸術作品です。でも、こんな合作作品は世界のどこにもありません。是非、版画を摺りながら岳温泉を散歩してください。
  写真は大きな袋を肩にかけた『大黒天』。こちらも是非ご参拝くださるようお勧めいたします。
前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 次へ