やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
最新の記事
ミヤコザサ線・火の山・氷の山
あっという間に野山は緑が濃くなって行きます。こんな季節に呼応するように、山や植物分布の話を聞く機会が多く、記憶の新しいうちに特に安達太良山について学んだことをご披露いたします。
一つは日本海側植物と太平洋側植物の両方の植物が見られるのが岳地区であり、日本においても特異地点であることの話です。当館の玄関前の谷こと志津川にかかるニコニコ橋を挟んで日本海側植物と太平洋側植物にハッキリと分かれるそうです(植物学者でシーボルト研究の第一人者・加藤僖重氏の講義から)。岳温泉街は標高500m〜600mの東南方向の緩やかな斜面に広がる所にあります。安達太良山を源流とする川が何本もの渓谷を作っております。その一つの志津川の両側のコナラのドングリの付き方が、谷を挟んで北東側は幹から細枝が出てその先にドングリが付く太平洋側植物、谷の西南側が太い幹に直接ドングリの付く日本海側植物のようです。ナラのドングリのように、植物の中には同じ群(科、属、種など)に属していながら異なる分布域を示すものを『対応種』と呼び、世界の偏った地域に分布しています。例えば@カタクリ属やモクレン属は日本と北米、Aアケビは日本と南米、Bレンギョウは日本と地中海、Cシラカバ属やブナ属は日本、中部ヨーロッパ、北米などに対応種としての分布です。日本には大小7000の島があり、本州島は背骨のような脊梁山脈が通り日本海要素と太平洋要素にはっきり分かれます。
  福島県の会津地方は南北40km、東西12kmの広い断層盆地で冬には多量の積雪があり、夏は高気温で全域が日本海型気候に属します。浜通り地方の夏は比較的涼しく、冬は晴天が続き比較的暖かく降水量も少ない太平洋気候区に属します。中通地方は日本海型気候区と太平洋側気候区の中間的要素を示します。中通りの中でも岳地域は日本海側要素の植物と太平洋側要素の植物を見ることが出来る日本にとっても大切な場所です。この対応種が接している場所を日本地図に一本の線でプロットでき、これを『ミヤコザサ線』と名付けられ岳地区は1〜2kmの幅になっており、ドングリ以外の対応種も岳地区に多くあります。
  二つ目は安達太良山の稜線の話。安達太良連峰は南西側から和尚山(1602m)、安達太良山(1700m)、矢筈が森(1648m)、鉄山(1709m)、箕輪山(1718m)、鬼面山(1482m)と連なります。この稜線には常に強い偏西風が吹き付けます。冬期間には岩や樹木に『エビのシッポ』出来ます。もっと日本海側寄りの立山連峰、上越の山々、月山などの豪雪地帯と積雪量は比べ物にならない位の積雪量ですが、冬期間でも簡単に入山でき樹氷やエビのシッポが観察できる山は全国的にも珍しいようです。さらに火山の山であり不気味に口を開ける沼の平の存在は圧巻です。ロープウェイを使えば簡単に山頂に到達できるので、四季を通じて変化のある山を楽しめるのが岳です。日本の立山に氷河があることを発見した飯田肇氏(立山カルデラ砂防博物館)曰く、「安達太良山は『火の山』『氷の山』である」とのことです。
  写真は、日本海側要素と太平洋側要素が対峙する玄関前の志津川のコナラです。さらに安達太良山に登って沼の火山景観を楽しんで、冬になったら稜線の岩山やナナカマドに付く『エビのシッポ』を観察においでください。
新緑前線の提案
 ソメイヨシノが散る直後から、野山の若葉が一斉に芽を吹き始め、山々が踊り出すように私は感じます。水彩絵の具でこの色を作り出そうと、緑色に黄、白、黄緑、青、赤、ピンク、橙などなど、あらゆる色を少しずつ加えて作り出そうとしても、色が混じるだけで、自分が意図する色からはどんどんかけ離れて行ってしまった経験を持つ方もお出でではないでしょうか。特に我が母校のある二本松からはお城山を中心に安達太良山をバックに山々が重なる風景は他に類を見ない絶景だと自負いたします。
この新緑が特異だと感じるのは素晴らしいことであると、最近思うことにしました。特に福島県育ちの人は、何となく春になると野山が萌えだし、旨い山菜や新芽が食べられると思う程度で、他の地域と比べて、自分たちの地域の山の萌え方の素晴らしさを認識している方は少ないのではとも考えます。
 実は、関西から奥会津に嫁いで、このみちのくの新緑の様を何とか世界中にアピールしようと立ち上がった方がお出でです。この方をバックアップする意味で何故、福島の新緑は素晴らしいのかの理屈を述べてみたいと思います。
 まずは、植物学者による『日本の森』の記述「日本の総面積は37万uで世界49番目の広さであるが、生態学的大国と呼ばれ動植物の種類が豊富であり面積に対して南北に長く、国土が亜寒帯から亜熱帯まで広がり、島国であり他の地域から隔離されている。国土の70%が山岳地帯でどの地域も適度な雨量があり、日本全域が森林で覆われている。@北海道中部以北に広がる亜寒帯ではトウヒ、シラビソ、コメツガ、モミなどの針葉樹林が、A北海道南西部〜東北地方に広がる冷温帯ではブナ、ボダイジュ、カエデ類、ナラ類などの落葉樹林が、B関東以西に広がる暖温帯ではコナラ、クヌギ、エゴノキ、クリなどの暖帯落葉樹林、海岸地方やその隣接地ではカシ類、シイ類、クスノキなどの暖帯常緑樹林が、そしてC九州南部や沖縄などにはマメ科、クワ科などの亜熱帯降雨林や海岸沿いにはヒルギ科を中心とするマングローブもある」と解説です。このA北海道南西部〜東北地方に広がる冷温帯こそが、若葉が萌える『新緑前線』で表現できる地帯なのです。特に福島県は白河の関を境にB関東以西に広がる暖温帯と植物学的にも一線を画しているのです。
那須育ちの方が「那須高原の新緑も素晴らしいけど、福島に入ると新緑の萌え方が全く違うよ」と言ってくれます。隣県でありながら、この差を微妙に感じる方もお出でのようです。
 『新緑前線』なる指標を定着させたいと思い「萌えはじめ」「若葉まぶしい」「緑ふかまる」の三段階の表現にしてみました。Facebookに載せたらすぐに反応がありました。
   【これからと 期待ふくらむ 萌えはじめ】晋一。
   【萌えはじめ 明日は眩しく その時と 思う間もなく 深き緑に】安一…お粗末。
 写真は4月29日の玄関前(北緯37度標高530m)の様相です。GW期間中は『若葉の萌える饗宴』が見られそうです。
さくら展へお出でください
桜の開花が例年よりもかなり早いようで、私のスマホfacebookにも桜の開花情報がめちゃくちゃに飛び込んで来ます。3月20日頃まではスキー関連情報が飛び交っていたのが信じられないくらいです。ネット社会がここまで進展し、世界中の情報がリアルタイムで分かってしまう世の中になり少しばかり情緒が無くなった気がするのは歳の所為でしょうか。スキーシーズンと花見シーズンの間に花粉情報が入り、マスク姿やくしゃみをする人が増え鼻をかむ人がやたらと増え、目をしょぼつかせるひとも増えたと思ったら、桜の開花情報がかなりの前倒し、何か急かされている感じです。また、今年の冬は季節の変わり目がはっきりしないので何となく欲求不満が残っています。ウィンターシーズン用のユニクロ・ヒートテックももひきも普段の生活では履くことなく終了。スキーに行くときだけヒートテックももひきを身につけましたが、ピリッとした寒さが来なかった冬は60数年間の人生で初めての経験のような気が致します。
 さて、欲求不満気味のウィンターシーズンから、一気にページが捲られ、二本松は桜の季節に突入です。北緯37度35分標高200m位の桜の開花状況は例年より10日ほど早く、このままだとあと数日で見頃を迎えてしまいそうです。
 この春、二本松では『さくら展』が4月9日から5月8日まで開催されます。サブタイトル「お城山からみるか、美術館から観るか」の下に日本画の巨匠たちの桜の名作が勢ぞろいいたします。この美術展はここ大山忠作美術館でしか開催できない特別展ではないかと、二本松人としては自負しております。大山忠作画伯のお嬢様の大山采子さんが、お父様の仲間にお声掛けをし、門外不出の名作をこの期間に一堂に会して特別展が開催されることになった訳です。だれでも一度は目にしたことであろう東山魁夷の大作『花明り』をはじめ、上村松園『桜がり図』、奥村土牛『吉野懐古』、平山郁夫『吉野山』、横山大観『不二霊峰』、牧進『花逍遥』、前本俊彦『根尾台の桜』、そして大山忠作の『月・花・妓』と雪の安達太良を背景とした『花霞』等などです。また、この期間には、大山采子さんは連日美術館にて作品の説明をされ、また女優仲間とのトークショーなどが行われ『さくら展』の開催を盛り上げます。桜の開花が早まっても、不朽の名作オンパレードですのできっと感動を呼ぶことと思います。満開予想ですが、お城山の桜は8日頃、安達が原公園は6日頃、合戦場の桜は15日頃、岳温泉は20日頃。かなり希望的観測も入っていますが、美術館は4月9日〜5月8日までいつでも見頃です。是非、二本松に足を運んでください。
写真は大山采子さんが『さくら展』幟を持ったワンショットです。お待ちしております。
米とスーパーエルニーニョの話
つい先日、米の話題が地元紙と全国版に同時に登場し、さらにスーパーエルニーニョの話も同日掲載で気になったので一言二言三言。
県オリジナル品種の酒米「夢の香」の改良品種酒米が誕生するとのこと、酒米に最適な粒の大きい山田錦は気候温暖な西日本でしか収穫できず、20年ほど前に県オリジナル酒米「夢の香」が開発され、県産酒にも使われてきたそうです。ただし、この「夢の香」は吟醸までのお酒だそうですが、米粒を削るのに50%までは芯に残った米粒が割れないようですが、それ以上削ると割れやすくなるようでした。この夢の香の改良種が間もなく誕生するとの記事が大々的に報じられたのを、私はどうしてなのかと不思議に思っていました。
同じ日の日経東北版に『つや姫ハワイ上陸』の記事が目に留まりました。さらに別の欄に『青天の霹靂』が2015産米の「食味ランキング」特A初取得で、青森ではこの種の作付面積が昨年の2.8倍に増えるとの記事でした。そもそも米の食味ランキングとは何ぞやと思い、調べてみました。昭和46年産米から全国規模で食味官能試験に基づき産地品種について実施中で特Aランクは今年は26産地品種だそうで、北海道が「ななつぼし」と「ゆめぴりか」の2個、東北、新潟、長野(北信)で17個、うまいコメは北に偏っているようです。因みに魚沼産コシヒカリは27年連続特A、次いで山形産ハエヌキが22年連続です。ご安心を、福島産もコシヒカリとヒトメボレ3個が特Aランクです。
心配ついでに、我が宿が使っている米についてどうして「大玉村産の米は美味しいの?」と生産者に聞いてみました。そしたら、大玉村は太陽が当たるので水も温む、夜間は気温が下がるけど根のついている部分は温かいままで保護されているからだとの返答でした。
福島県オリジナル酒米『夢の香』の改良品種が間もなく誕生するとのこと、酒どころ福島県から、さらに県産酒米を使った金賞酒が沢山誕生するようになるのかと楽しみです。
スーパーエルニーニョは日経全国版の特集記事でした。地球温暖化現象が今年の冬は特に気にかかり、例年になく積雪量が少なく、スキー場を抱える地域は例年の3分の1程度の積雪量です。先々週のアルペンスキーワールドカップ苗場大会の開催当日、標高1000m地点ゴール付近の気温が8℃でした。山頂付近の積雪量も少なく、夏場の水不足も懸念されます。ここの雪がダムの役割を果たし魚沼産コシヒカリを美味しい品種にするはずですので心配です。安達太良山を背景とする大玉村も同様です。酒米の改良品種が福島県で作られるようになり、北海道や青森でも美味しい米が採れるのは地球温暖化の所為ですかね。エルニーニョ現象になると冬は暖冬、夏は冷夏になるとのこと、本音は地球温暖化ストップ。いつまでも大玉産の美味しい米が食べられ、スキー場には充分な降雪が有り、うまい酒がいつでも飲める安定した気候になってほしいものです。写真は朝食会場の美味しいご飯のコーナーのPRです。
小寒、大寒、ワールドカップ
今年は小寒が6日で大寒が21日。どんなに暖冬異変だといっても大寒には降雪を見るようになりほっとしています。しかしながら暖冬の様相が、以前のこの時期とはまるで違います。数年前までは2月中旬以降にしか発生しなかった南岸低気圧が1月に多く発生しています。愛称の台湾坊主がいつの間にか使われなくなりましたが、冬に晴天の続く東京で、たまに降る雪と雪だるまが冬の風物詩になった時代はもう来ないかもしれません。今年第二波の南岸低気圧は25日に襲来、奄美大島では115年ぶりの雪、九州や四国は大雪ですべてがマヒする状況でした。香港の気温が3.1℃、台湾では寒さで65人も死亡とかのニュースには万全な備えはどうすればいいのか考え込んでしまいます。
 一方、雪の本場のスキー場は、降らない雪にヤキモキ、気温も下がらず降雪機が役に立たない状況でした。今は世界の天気やスキー場の状況が瞬時に分かります。スキー場エリアは世界中どこも雪不足で、通常は雪の降らないワシントンとかでは大雪で外出禁止との様相には気候変動の様相がここまで現れたのか驚かされます。
 スキーのアルペンワールドカップも通常開催される北欧での11月の大会は中止、12月からは世界各地で始まりましたが、何レースかは標高の高いところへの開催地変更を余儀なくされ、高速系のレースはスタート地点の標高を下げてより安全なコース設定にする工夫をして何とか開催されています。1月中旬のキッツビューエルもスタート地点を下げての開催でした。クラシックレースの一つのキッツビューエル大会では、滑降競技5レースのうち4レースの優勝を勝ち取った王者のスビンダルも転倒し靱帯断裂だそうで、転倒シーンを見るだけで恐怖心が伝わってきました。今シーズンのスキー場は例年よりは積雪が少なく地面のうねりがなかなか矯正されないようであり、細心の注意を払ってコース整備でさえ地球温暖化の影響を受けているようです。ちなみにキッツビューエル大会表彰式でのプレゼンターはシュワルツネッガー。スビンダルの首にメダルを掛けるつもりであったのかもしれませんが、ターミネーターのように不死身のスピンダルの一日も早い復帰を願うばかりです。
 ちなみに2月13、14日の両日のワールドカップはいよいよ日本の苗場にての回転、大回転のレースが行われます。日本のトップ選手である湯浅直樹選手も先日のシュラドミングで回転20位で今シーズン初のポイントゲット、日本の若手選手も多く出場が決まっています。2年後のピョンチャン冬期オリンピック、そして2022冬期オリンピックは北京開催。アジアの連続開催で、日本のスキーもさらに盛り上げていきたいものです。写真は数年前のあだたら高原スキー場での東北ジュニア大会の表彰式。伝統的なこの大会からもワールドカップで活躍する選手が沢山出ています。日本選手のさらなる活躍を期待いたします。
年の瀬カレンダー考
今年の漢字は『安』、自分の名前の一字に該当し、さらに安達太良山の一字でもあるので12月12日に発表された直後は我が事のようにうれしく思いました。それが20日も経つと選定漢字の事は他の一年間の話題に埋没してしまい、来年は安心安全の年で安定した年にするぞと年賀状に添え書きしたことも忘れてしまいそうになっています。
この時期は各方面からたくさんのカレンダーを頂戴いたします。会社のカレンダーやら、各種団体のカレンダーは改めて良く観察してみるとなかなか個性があって面白いものです。日めくりは、二本松市内の老舗の方々から頂戴いたします。敬称は省かせていただきますが、大七酒造、玉嶋屋、松阪屋醤油、そして丸や運送です。日めくりカレンダーには一日ごとに干支、旧暦、六曜や旧暦等の外にその日の格言などが書かれており、カレンダーによって違うことに気が付きます。銀行から頂くものはポスター形式の一年分のものに、プラス個人卓上用が届きます。ちなみに個人卓上用のものは、DocomoとかミニFM局のもっとcom.と俳句結社『くさくき』のは主宰の磯直道先生の月ごとのオリジナル俳句が楽しみです。地方の中小企業のカレンダーは圧倒的に有名画家の絵画や書道家の作品を毎月楽しめます。ちなみに本宮の佐々木電機は『巨匠のまなざし…オルセー美術館開設30周年企画』、渡邊謄写堂は鉄斎の書です。団体のカレンダーでユニークなのは福島県暴力団追放協議会の福島県の版画家の作品で、明るい素晴らしい作品です。東北電気保安協会は12カ月のガーデニングで、最近はやりのイングリッシュガーデンのようです。大企業のカレンダーは其々に力の入ったカレンダーが多いようです。日産は自社の車の写真掲載、JR東日本は東日本の風景と融け込んだ列車の写真、富士急行は富士山の日本画。AIU損保は世界の都市やリゾートの風景写真。商売柄、旅行会社のカレンダーには世界の風景写真が目白押しで魅力的です。大企業のなかでもオムロンカレンダーは京都の四季をベースに『ソーシャルニーズの創造』が企業理念であることを訴え、オムロンカレンダーアンケート用紙も入っており驚きでした。
私ごとですが、私の母は大の宝塚ファン、93歳を過ぎた今でも、毎年届く阪急阪神第一ホテルの宝塚スターカレンダーを楽しみにしております。不肖私は、根っからの宿六の所為か日本交通公社ことJTBの絵ごよみカレンダーは私の机の前に掲げ、重宝しております。ちなみに10月6日の絵暦は私の小学校の時から目にした『二本松提灯まつり』です。スマホの時代になっても、カレンダーは良いものですね。写真はJTB絵こよみカレンダーです。いい年をお迎えください。
スポーツニッポン礼賛
この秋はスポーツ界にも色んなことがありました。その中でもラグビー日本のもたらした効果が他の分野にも波及したことは特筆すべきことです。南アフリカに勝った五郎丸スタイルとエディーコーチの練習量理論の実践が冴えました。昨日は女子ラグビーチームが14対7でカザフスタンを破り優勝、オリンピック行きを男女と共に決めてしまいました。日本国中がラグビーのファンになったようです。
一方、フィギアスケートもすごいですね。NHK杯シングルでの男女の優勝者は完璧でした。小さな妖精のような宮原知子選手の発言は17歳とは思えないような発言、羽生結弦選手の見事なまでに完璧な4回転ジャンプは、能の世界に巻きこまれたような錯覚に陥った気がいたします。羽生選手のインタビューは自信に満ち溢れ、さらなる高みを目指す雰囲気を感じたのは私だけでしょうか。
その他のスポーツもラグビーの影響が出て来たように感じてなりません。昨日のゴルフは男女ともに韓国に僅差で負けてしまいましたが、遼君も来年はやってくれるような復調の兆しではと思いたい気分です。
さてスポーツ界から目を転じて、日本の長寿社会。最近目についた報道は歩くことと社交ダンスが認知症予防になると言う番組や、93歳の瀬戸内寂静さんが手術の後に筋力トレーニングをして完全復帰したとの報道でした。国の政策にも医療費削減と併せて健康長寿社会づくりに舵を切って来たといったところでしょうか。
旅館という商売柄、お泊りいただくお客様は0歳から100歳以上、色んな方にお目にかかります。4月から11月まではお客様と『岳温泉小さな歴史散歩』なる早朝散歩を行っていますので、早朝散歩に参加するお客様の元気なフットワークには感心します。反面、団体バスでお着きになるお客様の中にそれほど高齢でもないのに、トボトボ歩きの方が増えて来たことも気になる秋のシーズンでした。館内は段差を少なくしているのですが、つまずきそうになる方が多く目立つのが気になります。
岳温泉では健康で長寿を目指す温泉地にするべく、十年前から周辺部に散歩コースをたくさん作ってきました。また、正しい歩き方で心肺機能を高めることがいかに大事であるかのプログラムも持ちウォーキングのインストラクターもおります。平均寿命と健康寿命をほぼ同じくするという気概の方が多くなってきたようにも思います。ただ歩くだけでは、年齢に応じて故障が出る場合が多くあり、正しい歩き方と年齢に応じた筋力アップが欠かせないようです。子供の時から正しい歩き方をした選手が、色んなスポーツのトップ選手になるのだそうです。健康長寿をめざすのも、世界のトップ選手になるのも歩き方が基本です。
写真はセフティ―ウォーキングの講習会風景です。冬が過ぎたら、正しい歩き方を学びウォーキングをしに岳温泉にお出でになりませんか?
二本松・本宮・大玉からマチュピチュへ
  秋の二本松は色んなことが集中します。特に今年は平成の合併後、新二本松誕生10周年記念でイベント目白押しです。それに安達太良山の紅葉が加わり、阿武隈川沿いの里山から標高差1500m位が時期をずらした『紅葉まつり』となります。
  標高1700mの安達太良山頂付近の紅葉は秋分の日を過ぎる頃から始まり、ロープウェイを登った薬師岳山頂(標高1350m)から見る紅葉の絶景は十月上旬が見ごろ、十月中旬はスキー場付近(標高1350mから950m)に下り、奥岳自然遊歩道のある烏川沿いと湯川渓谷沿いが錦を織りなす素晴らしい景色になります。中旬から下旬にかけては岳温泉周辺(標高600m〜500m)が見ごろとなり、この頃から二本松城こと霞ヶ城公園(天守台標高は345m)の紅葉が見ごろを迎えます。城山公園には樹齢400年を超える紅葉があり、笠松や枝ぶりのいい松の石垣との調和は見事です。提灯まつり(10月4日〜6日)は秋の行楽シーズンの幕開けを告げ、続いて菊人形展(10月10日〜11月23日)が始まります。二本松城天守台には10月12日にいきなり一夜城が出現し、一週間で消えましたが話題を呼びました。
今年は菊人形と同じ期間、大山忠作美術館にて『椿』名作展が開催され、桃山時代の狩野山楽《椿梅図》、北大路魯山人《色絵椿文鉢》、尾形光琳《椿図蒔絵硯箱》から現代日本画の巨匠による作品が一堂に会しています。大きな美術館ではありませんが、これだけの作家の作品が時を越えて展示され、作風の違いを鑑賞するのも秋の日の過ごしかたの一つだと思いますので是非お勧めです。
  久保丁御門にある歴史資料館では市指定重要文化財展が開かれており、通常は門外不出の仏像や丹羽家代々の肖像画が出展されています。特異なのは算額絵馬が展示されており、二本松藩がいかに和算学に力を入れていたかを垣間見ることが出来ます。ちなみに、全国的に現存する算額絵馬の一番多い県は福島県です。流派は最上流(さいじょう流)といい、藩校敬学館教授の渡辺東岳は和算学の権威で土湯温泉出身です。岳温泉の引き湯設計に携わったと言われています。二本松の和算学となると磯村文蔵吉徳、菩提寺は善性寺であり前述の仏像はこのお寺の所蔵で、運慶の弟子の作であると言われています。
  今の二本松市は10年前の合併で、安達町、東和町、岩代町が一緒になり誕生しました。合併前は旧二本松市を含む7市町村で安達地方と言われており、この安達地方は二本松市、本宮市、大玉村の2市1村が構成自治体です。観光事業などの連携も多く強い絆で結ばれていますが、特異な村が大玉村です。ここ10日間位の報道でお気づきでしょうが、アンデスの空中都市マチュピチュ村が世界で初めて友好都市条約を結んだ村です。岳温泉とも大いに関係がありますので一言。写真は友好都市締結の大玉村訪問団とインカ帝国のムラオサ達のワンショットをFacebookから無断でお借りしました。マチュピチュへは行ってみたいですね。安達地方全体で皆様のお越しをお待ちいたします。
前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 次へ