やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
最新の記事
安達太良山の『友と雪』
 5月15日は第51回安達太良山開き、今年は例年になく残雪が多く、積り方が少し違っているよう感じます。今日17日は温泉神社の春季例大祭、神仏合祀なので春は薬師如来がご本尊、ご開帳の年、5年に一度にお目にかかれ、恒例の献湯式も執り行われました。春祭りが終わると一気に緑が濃くなり安達太良山も夏に向います。
 今年から始まったウェルヘルスウォーキングの月例大会が6月4日(土)、オリエンテーリング大会が6月12日(日)、今年からウォーキングマイレージも適用になります。6月末からは源氏、平家、姫蛍と自然のまんまのホタルが飛び交い、シャクナゲ、サラサドウダン、イヌツゲなどの高山植物の開花時期が重なります。
 安達太良高原に生を受け、無事に日々を送れ、自分のステージがこんな自然の宝庫であることに特に最近は幸福感に浸ってます。思い出をたどると、ズーッと昔から自分の周りの安達太良山東南斜面は格好のテーマパークでした。夕日が丘展望台の東斜面はターザンごっこのアドベンチャーランド、蔦を使って木から木へ飛び移る冒険の場でもありました。手を滑らせ落下し落ち葉のクッションに助けられ命拾いしたこともあります。矢筈が森は、我が心のマッターホルンであり、頂上直下から続く振り子沢雪渓は山スキーの格好のバーンです。今年の山開きは例年に比べ残雪が多く、大雪渓は思わず滑りたくなるような絶好のコンディションでした。
 いい思い出ばかりではありません。高校2年の昭和39年12月6日、同級生の大内幟君がスキー練習中に岩に激突し大怪我し、4週間後に息を引き取った本当につらい思い出もあります。この時のショックはズーッと尾を引きました。翌年の夏に当時のアルペン隊仲間が建てた碑が写真の『友と雪』の慰霊碑です。峰の辻から下った篭山への登り斜面が事故現場なので、山に上る都度、ビールやウィスキーを慰霊碑に懸けてやります。当時は高校生だけで雪を求めて練習していたので危険を予知できなかった、本当につらい思い出です。
 山開きの安全祈願祭が終了し、安達太良山もいよいよ夏山の本格的シーズンに入ります。思い出がたくさん詰まった我が裏山に今年も是非お出かけください。
旅の動機づけ
 春うらら、岳温泉の遅い春もソメイヨシノは28日が満開。29日はあいにくの狐の嫁入り風な天気雨、風が強くても浮かれるような日でした。冬の豪雪を一気に飛び越すように各地では夏日、無理してでも旅に出たくなる気候です。でも、連休前からの連日の事故の報道はどんなに注意をしても魔が差す瞬間があるから、一人ひとりが細心の注意をはらい事故に遭わないようにと願っています。
 29日、霞が城址から第7回平成・奥の細道ウォーク(日本ウォーキング協会主催)が出発しました。今回の行程は連休前半の3日間で宮城県は大河原まで行き着くコース、1日目は約900人の今芭蕉が福島までの23kmを歩きました。そもそもこの平成・奥の細道ウォークなるものは何かと言うと、(財)日本ウォーキング協会が主催するシリーズウォーキングの一つであり、1969年の東海道自然歩道探査隊から始まる10番目のシリーズウォーキングだそうです。過去には平成の伊能忠敬・ニッポンを歩こう!(1999.1.25〜2001.1.1)等があり延17万人ものウォーカーが参加して行われています。単純に歩くことですので誰でも参加できる気軽さからか、霞が城の千人溜に隣接した駐車場に1000人近くのウォーカーが幟を立て全国各地から集まって来るのは驚きでした。松尾芭蕉隊、西行隊、高村光太郎隊、正岡子規隊、高浜虚子隊、小林一茶隊、良寛隊などなど23本の幟は楽しく圧巻でした。ちなみにこの平成・奥の細道なるウォーキングイベントは2003年4月から始まり2013年まで10年かけて踏破する計画です。芭蕉の奥の細道には二本松のくだりが『黒塚の岩屋一見し福島に宿ると』あるだけ、二本松には泊まらなかったようで、今回も泊まりは福島、二本松は商売が昔から上手ではないと断言できます。せっかく1000人も集まるのだから、何らかのPRをするいいチャンスなの、ただ出発式に市長の挨拶だけでもったいなく感じました。ちなみに岳温泉観光協会からは9月の第1回温泉・健康ウォーキングリーグのPRを兼ね、始まったばかりのウェルヘルスウォーキングのチラシを配ってきました。ウォーキング協会の方々と知り合ってから、彼ら歩きの仕掛人達が日本国中の道々に意味を持たせ、全国津々浦々にウォーカーを溢れさせていく手法に感心致します。旅に出るのは何らかの動機付けが必要。芭蕉や伊能忠敬が単なる地図に意味を持たせる現象は人間だけのなせるワザ。我が二本松にも大いに意味を持たせ観光客が溢れる地域にしたいものです。
 団塊の世代があと3年で定年退職。2008年頃には鮨詰め学級出身で酒を酌み交わすことが大好きな輩が学生運動の如くどっとウォーキングに繰り出すことも想定し今から対策を練るつもりです。動機づけと受け皿作りの両面から………。
スキーは恋人
 スキー場が今日で終了。残雪がシーズン中と同じくらいあり、終わるのはもったいないようです。今年も大好きな冬があっという間に終わりました。12月7日の安全祈願祭に始まり、4月10日の本日でクローズ、通算124日間のスキーシーズンでした。安全祈願祭のあいさつでは「今年はカマキリの巣が高い位置にあるので間違いなく雪が多く、スキー客万来です」と、自分で観察してもないのに挨拶してしまい、12月27日まで降雪がほとんど無くやきもきし、28日からの豪雪には驚いています。2月20日の朝日杯スキー大会では昼前から風が強くなり、ゴンドラのユラユラ、ノロノロ運転でやっと山頂駅到着するというスリルも味わいました。3月24日のあだたらカップスラロームは晴天に恵まれ最高の条件、打って変わって翌日のまゆみカップは強風のため1本目で大会終了。翌日からは岳アルペン隊の春合宿、真冬のような新雪も降り、私も少しお手伝いでき爽快でした。そして最終日の今日のショット、シーズン真っ只中の景色でしょう?
 さて、シーズン最後にスキーの話。岳温泉のスキー場は昭和4年から始まりました。祖父の一二が農家から婿入りし、炭焼をして暮らす冬の岳温泉がいやでスキー場開発を提案したことが発端です。昭和29年にリフト竣工、私が小学1年生でした。その2年前に父の義一が志賀と野沢と草津を見学に行き、情熱で岳温泉の面々らと作ったスキーリフトです。こんな思いからスキーのことはいつも頭から離れず、上部にスキー場が伸びていった経緯も、市営リフト開業の時も、現在の富士急行になった時も、やっぱりオラがスキー場の思いがあります。岳温泉の標高は550m、スキー場は歩いて20分くらいの標高650mのところにありましたが雪不足で廃止になり、今は標高950mから上部があだたら高原スキー場ですので、標高を300m高いところに移し安定してスキーができるようになってます。この標高差300mは気温差で1.8℃、この50年間に2℃位気温上昇しているのが実感できます。今はスキーのワックス性能が向上し適用雪温範囲も幅がありますが昔は雪温の微妙な差が勝敗を決したので、今よりも自然観察能力が磨かれた気がします。スキーシーズン当初の湿った雪質が大寒の頃にキュッとしまる雪質になり、2月下旬頃から春の雪が混じり、3月は春のザラメ雪に変わり、そろそろシーズンもお別れかと恋人に分かれるような気持になるのをもう50年以上も経験してきました。今朝、富士急の椙山常務からまるでスキーが恋人みたいなシーズン終了の名文ファックスが届いたので思わず私もシーズンお別れの文を書きました。また、来シーズンいいシュプールを描きましょう。シーハイル&フレーフレー セント ポール!!
ガウダ―さんから学んだことパート2
 人間の骨格筋は660個近くあるそうです。そのうち歩くことに関する筋肉は430。手を動かす筋肉と合わせると600ほどになりますが、残りの60個ほどの筋肉は顔の部分です。岳温泉でのパワーウォーキング講習会と安達太良小学校児童との交流会と2日間に亘って行われましたので、『歩く』という人間にとっての最も基本的な動きをある程度分ったつもりで備忘禄的に記します。ガウダ―さんは競歩の金メダリストですから、最も効率的効果的な歩き方を体得した方であることはいうまでもありません。講習会では、正しい歩き方を体得する為に、腕を大きく振ったり、回したり、踵(かかと)歩きやつま先歩き、腿上げ歩きなど色々な動きの準備トレーニングを行った後、外に出て『パワーウォーキング』で歩いてみました。自分の心拍数を計測し、適度な負荷が心臓に掛かるのを科学的に知ることが大事です。また、『ノルディックウォーキング』のお話もお聞きすることができ、ガウダ―氏考案のストックを使い、170個の腕の筋肉を使うことにより、血液をさらに多く心臓に戻す効果的な方法であることを知りました。残りの筋肉60個は顔に属し、笑うことにより健康増進に寄与するとのことです。さすが金メダリストのユーモア、岳温泉がニコニコ共和国であることを分っての機知の富んだ筋肉のお話でした。ガウダーさんとの3日間で学んだ、歩くことの大切さを、私たちの『日本一多様な散歩道を持つ岳温泉』を基地に、多くの皆さんに伝えて行ければ幸いです。いよいよ、4月から全33コース、全長222.5kmのウォーキングコースがお目見えし、ウォーキングマイレージの楽しみも負荷されます。岳温泉にお出かけくだされ、歩いて健康になりましょう。歩き疲れは温泉と有機野菜ジュースで『クーリングダウン』と、岳温泉ならではの秘策を練ってお待ちしております。
ハートヴィッヒ・ガウダ―氏から学んだこと
 岳温泉では歩くことをテーマにした観光地づくりに取組中です。その第一弾イベントとしてドイツ式ウォーキングの講習会を安達太良小学校体育館にて催しました。講師はハートヴィッヒ・ガウダ―氏、モスクワオリンピックの50km競歩金メダリストです。彼は細菌性の心臓病に冒され心臓移植を受け回復を絶望視されながらフルマラソン完走、富士登山などの驚異的回復を遂げ、現在、ドイツはチューリンゲン州の特命スポーツ大使として、ドイツ式ウォーキングの世界的普及に努めています。ガウダ―氏の輝かしい競技暦と心臓移植後の自己努力による回復の軌跡はしっかりとしたスポーツ理論と信念に基づくものであることはもちろん、私も自分で参加してみて今までの『歩く』という概念が何と薄っぺらなものかと大いに反省させられることになりました。宿六の職業特権で、オリンピックの金メダリストと一緒に会食やお酒を飲むこともできます。講演だけでは聞くことのできないようなことまで教えていただけます。彼は、オリンピックで金メダルを取れたことも自分のためにサポートしてくれた人のお陰であり、さらにまた、他人の心臓を移植して生きていること自体、感謝の念でいっぱいだ言っておられました。他の人の心臓提供してもらい、自分の全身の機能を使って適合させているというようなニュアンスのお話もしていました。心臓から送り出された血液が足の働きにより、静脈血として再び心臓に戻される大事な作用を現代人は忘れてしまっているとのこと。ガウダ―さんは手術後、通常は安静にするところを歩行によるmilking〜action(と言った気がします;血管収縮によるポンプ効果?)により移植された心臓を機能させているようなお話もなさっていました。ウォーキング講習会では、かかとをしっかりつき、つま先で地面を蹴ることや、90度に曲げた腕をきちんと振ることの基本的歩く動作の練習をしました。また、歩くことを正確にするため腕を大きく振ったり交互に回したり、つま先歩き、かかと歩きなどのコーディネーション運動をし、岳温泉街にて200人のパワーウォーキング講習会に迎いました。わずか1.5km程のウォーキングでしたが、翌日のふくらはぎと太腿の筋肉痛は、いかに本物の歩き方から遠ざかった歩き方しかしていないのかが判りました。1日45分から60分、週3日をウォーキング当てると健康増進につながるそうです。是非、皆さんも健康増進を自己努力で正しい歩き方で行ってみてください。パワーウォーキングの詳細や今後の岳温泉のウォーキングイベントについては観光協会のHPでご覧戴きたく思います。ちなみに、写真は松渓苑社長こと佐藤俊夫さんの撮影したものを借りましたので申し添えます。
『ゆっくり行くことを恐れるな。立ち止まることを恐れよ』ハートヴィッヒ・ガウダ―
他県の石・隣県の芝生
 このところ山形県に行く機会が多く、先日は一日で雪の全山形県を走破しました。訪問先は旅行代理店ですが、天童を皮切りに、山形市から雪の月山新道を通り、酒田、鶴岡、そして再び、月山新道から上ノ山、赤湯、最後の目的地米沢へは閉店間際に飛び込みセーフ…とこんな調子。雪の山形は除雪がよく、高速道路で主要都市が結ばれている為にできた芸当ですが、またまた大変な魅力を感じて帰宅しました。一日で全山形を走破するためには、昼食は高速道のサービスエリアの食券自販機でカレーうどんのチケットを買い時間短縮。そこでカウンターに整然と並ぶ半月盆に気づき「あれ、ここは違うぞ?」と思い食券を出したところ、食堂のおばさんに「番号をお呼びしますから、お席でお待ちください」と親切に声かけられ、数分後に食べたカレーうどんがこれまた絶品、山形の好感度が、急上昇しました。さらにチラッと見た売店の品揃えや観光パンフレットラックにも感心させられた昼食タイムでした。このサービスエリアに立ち寄る時に、変な看板に気がつき、「ああ、ここも福島の松川サービスエリアのETC車専用出入り口と同じ発想か」と思いながら、少し文章のニュアンスがおかしいので、撮った写真が『寒河江SA仮出入口社会実験場中です』の大看板です。刑務所からの仮出所とも喜んで誤読し、思わず山形流ユーモアだと解釈しました。また、月山新道料金所の方がすごく親切な口調で、5,6メートルもある雪の壁の道を越える不安を消してくれるような温かさをも感じました。
 東京から乗り継ぎ無しで走る山形新幹線は、鉄道広軌を従来の車両巾で走りますが、誰が発想し実現させたのでしょう。この発想がスイッチバックのある秋田新幹線に受け継がれ、東北観光の魅力創造に大きく寄与しているよう思われます。ついでに、磐越西線を広軌にして郡山から新潟までを会津新幹線にし、さらに郡山と福島間を広軌と狭軌の三本線路でつなぎ、山形新幹線が二本松で停まるのはいいアイデアだと思いませんか?ちなみにこのアイデアは、84歳になる、わが親父の、小言に紛れたアイデアです。一度、郡山基点の山形新幹線の経済効果をシュミレーションし、観光の二本松が脚光を浴びるように仕掛けてみたいものです。
 福島県を観光面から活性化するアイデアは、最近の山形にゴロゴロ転がっていると感じるこの頃です。つぎは、ETCを搭載し社会実験中の仮出所口から出てみたい気がします。どんな驚きが隠されているか楽しみです。隣の芝生は良く見えるのでしょうか?!
報告・第1回陽日の郷俳句会
 第1回俳句勉強会のご報告を致します。2月2、3日に陽日の郷あづま館初主催の俳句勉強会を開催しました。毎月の俳句を選んで戴いている磯直道先生(くさくき社主宰)にお願いし、都合をつけていただき開催することができました。東京水産大学での教鞭の合間を無理にお願いしたので、厳寒のこの時期になってしまいました。ちょうどこの日の気圧配置は強い西高東低、日本国中が大雪に見舞われた時ですが、そんな天候にもめげず、今芭蕉の皆様各地からお集まりいただくことができました。
 初日午後の勉強会は、磯先生の講義から始まりました。『我々の目指すところ』と言う題で、色々なタイプの俳句があること、5音7音5音のこと、季語がある句とない句があること、有季定型のタイプのに入ること、くさくき社の成り立ち、磯先生の師の宇田零雨先生は「頂上を極めればどのタイプの俳句でも優れた作品になる」と言われたこと、「切れ字」(「や」とか「かな」)を重要視していること等々でした。俳句勉強会に集まった皆さんはほとんどが俳句に応募され入選の方々であり、磯先生とは初対面のはず。でも、まるで旧知の仲のような雰囲気の句会になり、同好の士の集まりの不思議さをも感じました。先生の講義の後、宿題2句の互選を行い、最後に磯先生の選となり優れた作品には先生の短冊と色紙が贈られました。
 ―初鶏に 平和の祈り 託しけりー直道
 夜の宴会も大いに盛り上がり、主催者側としてはほっと胸を撫で下ろすことができた初日でした
 2日目は前日の宿題『触目吟』の2句提出。触目吟とは自宅を出発してから実際に目に触れたことを俳句にする宿題です。私も急遽、空っぽの頭から無理やり出句しました。朝食後の2日目の勉強会は『連句』のお話。正岡子規が初めて「俳句」と言う単語を使ったことや、落柿社の制札の第一「我家の俳諧にあそぶべし。世の理屈をいふべからず」の例を挙げ「他のやり方をとやかく言うな、自分の信じているやり方でどんどん行こう」というようなお話など歯切れの良い明快な講義をお聞きすることができ、宿題の『触目吟』の互選を行い終了しました。磯先生をはじめ個性豊かな方々ばかりで、初めての句会参加の私にも、すごく勉強になり、参加の皆様が五百羅漢に見えるような錯覚に陥り、私は恥ずかしげもなく「師と羅漢 俳縁愉し 雪見酒」と詠み4票いただきました。ついでに下の句「主(あるじ)微笑む 福は内かな」とご挨拶し失笑を買いました。
 参加の皆様から2回目開催を強く要望され、時期や参加しやすい方法などを考えご案内を出すことをお約束しましたので、次回ご案内には皆様も振るってご参加ください。
ゆったりのんびり福島県
 風景画の空の描き方一つをとっても、地域的な違いがあるような気がします。二本松や福島出身の画家は空を広く大きく描き、山形や奥会津の画家は眼前まで山が迫り空を狭く描くように感じるのは私だけでしょうか。画家の鋭い視点に言及するような審美眼は持ち合わせていませんが、何となく感じることです。
 先日、山形、宮城、福島の3県を2日間で巡るチャンスがありました。仕事柄、それぞれの県の特徴を宿六の目から勝手に判断してみました。山形はやはり『おいしい山形』『あったかい山形』を感じます。あるバス会社の所長さんは、地元産のどんな食物でも美味しく料理し客人をもてなすお話を熱心に語ってくれました。また、ある大手旅行会社でのカウンターの女性社員の自然な笑みと真面目さが伝わる応対振りには感心し、その後に駐車場で出会ったおじいさんが「除雪が遅れて申し訳ない」というしぐさに『あったかい山形』そのものを感じ感激でした。
 山形ICからトンネルを抜けると1時間ばかりで仙台着、さすが東北の都であり、同行した我が社の社員が「仙台ってなかなか(車を)入れてくれないんですよね?!」とブツブツ、山形とは打って代って急につりあがったドライバーの目になりました。目が丸くなるような『まるごと宮城』のキャッチフレーズはわかる気がします。ある大型旅館でのラウンジの手づくりメニューと若いスタッフの明るいサービスに感激。東北の優・宮城県のパワーは、サービス商品の極みをも競争の中から作り出す様を垣間見た気がします。
 さて我らが福島県、空が大きくのんびり。山も海も湖もあり温泉も豊富です。何でもあるので、我々県民はその豊富さを余り意識しなくて済む県です。あんまり細かく追求しない『うつくしま福島』なのかもしれません。福島のそばは何処の県にも負けないほどバラエティーに富んでいます。果物はピカイチ。山形におかぶを奪われたサトー錦や、西洋なしマルゲリットは福島生れだそうです。福島人は人がいいから、それでもニコニコ「ゆっくりしてがさんしょ!」と鷹揚です。写真は、19日の安達太良山、素晴らしいでしょう。日本一の空の下、のんびり湯に浸かりにおいでください。
前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 次へ