やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
最新の記事
GPSに助けられた古刹探検隊
807年(大同2年)徳一開基の相応寺の寺院跡地に行く機会に恵まれましたので、その探検記を記します。徳一の小乗仏教と最澄、空海の大乗仏教論争は有名ですが、小乗仏教の説く自己の厳しい人格形成を目的とした修行の場としての相応しい場が安達太良山中標高1100m地点であったことが想像できるような場所でした。
相応寺跡については長い間、地元の歴史家の間でも論争があり、今年の5月に言い伝えをもとに相応寺に残る古文書を再解読し、場所の特定に至ったようです(馬場平老人会歴史愛好クラブ代表渡辺武郎氏)。古文書のよると十嶺が安達太良連峰の代表の山であり、@安達太良山、A剣山(矢筈森)、B船明神、C薬師峰、D眉嶽、E杉田山、F鉄山、G浄土平(弥陀ヶ原)、H箕輪山、I鬼面骨山とあり、D眉嶽とE杉田山の場所の特定が相応寺跡地特定の鍵になったようです。杉田川がありながら杉田山が特定できないのは、眉嶽と置き換えられた山(前が岳)が杉田山であり、現和尚山が眉嶽ではなかったかという点であり、現寺沢は寺に通じる沢道であったのだろうという推論が場所特定の結論です。
私も参加した岳文化協会主催の古刹探検隊は、林道と笹薮を幅1mくらい切り開いた山道を通り約1時間かけて何とか標高1,100mの尾根筋の平場・相応寺跡に辿り着くことができました。1200年前の開基であり平安末期には七堂伽藍の配置も推測される場であり、到着した時は胸が躍りました。背の高い木が多くほとんど遠望が利かず、高い位置はわずかに和尚山の嶺筋が確認できる平場でした。5月に確認したという人の手による角柱や直線で直角に配置された礎石と思しき岩石などを観察しながら、数時間が経過し持参のおにぎりを食べた後、帰路につきました。昼食を食べた場所から上部にさらに平場がありそうだということで30分ほどさらに探索し、地中に埋まった岩石に円形の石蓋が乗っているのを発見しいよいよ帰路に着きました。
しかしながらここで事件。ベテランぞろいのパーティーは下り道の方角を間違え2時間半ほど熊の出没に怯えながら山野をさまよう羽目になってしまいました。尾根の平場から急に急峻な崖になり方向を間違えたと勘違いし、西よりの崖を下山。途中で気づいたものの正規のルートからは大きく外れ、途中は熊の通り道のような沢を渡り熊の糞やブナの木の爪あとを見ながら何とか、林道に辿り着きました。脱出できたのは、GPSで位置を確認でき、緯度経度の入った地図もありオリエンテーリング用のコンパスがあったからです。
ちなみに相応寺跡の平場は北緯37度35分、東経140度17分付近です。お陰で、経緯度から位置特定と北緯37度付近の1秒が何メートルなのか勉強する事ができました。山野を迷って無事生還するのは楽しいものです。アドレナリンもいっぱい出ます。写真は無事に、林道に出た瞬間です。
日米英合同安達太良登山隊
日本、英国、米国の三国合同隊の安達太良登山の報告です。ルートはあだたら高原スキー場から、安達太良山頂を目指すいわばゴールデンルート。今年の夏の特徴とも言える雨季がずーっと続いているような天候の中、岳温泉近辺が深い霧に覆われていてもスキー場より上部は晴天で久々に山頂を見る事ができました。
奥岳9時半集合後、ゴンドラにて標高1350mの薬師岳山頂駅9時50分到着。国際隊なので会話は全て英語、グリニッジ大学フットボール(サッカー)チームイギリス人3人のうち一人はかなり訛った英語。3人とも体格はいいが、このロンドン下町訛りの英国人は特に巨漢。薬師岳山頂からは安達太良連峰の全貌が見渡せ、全員元気にNipple Mountainこと乳首山を目指し意気洋々とした出発でした。薬師岳出発後まもなく、リノ(ネバダ州)出身のアメリカ人青年が先頭集団で隊列を引っぱり仙女平分岐に到着(10時30分)。5分間の休憩後出発。英国隊の一人が『How long does it take to the top?』と質問。私が『It will take One hour, more!』と答えたら、『ガンバリマス!』の答えが返って来てビックリ、英国の相撲人気のせいでしょうか。さて、巨漢の英国人青年は少しずつ遅れ始め、ボッカ役の私がアンカーでサポート。先行しているアメリカ人青年と元気のいい英国青年2人は乳首山まで900m地点でアンカーグループを待っていましたが、巨漢が到着するや否や出発。日頃のトレーニングの恨みを晴らすかのようなユーモアには思わず笑いが込上げました。やっとの思いで憧れのNipple Mt.に到着、最後の岩場を鉄梯子と鎖を使ってよじ登り三国合同隊が無事山頂征服(11時30分)。残念ながら頂上付近は霧の中でしたが八紘一宇の碑をバックに記念撮影(注:誰も八紘一宇の意味に気づいてません)の後、下山。牛の背の荒涼とした道を経て、矢筈ヶ森手前から峰の辻へ下り昼食(12時10分)。持参のおにぎりと冷えた缶ビールでの昼食で満足の様子でした。その後、くろがね小屋に立ち寄り小休止(13時15分)。湯樋道に沿って銀名水と金名水の水の旨さを比べながら下山。下りも先行のネバダ出身のアメリカ人青年は、烏川の滝つぼで泳いだとか。余りにも水が冷たくて、前日の二日酔いはリカバリーしたものの、再度頭痛を訴えるありさま。それでも全員無事に奥岳到着でした(15時)。日英米三国合同隊の登山は安達太良登山史で最初かもしれません。皆さんも色んな混成チームで登ってみませんか。色んな発見がありますよ。きっと?!?
一物多価&多物一価時代のリゾート実験
昔からあこがれの逸物『スイスアーミーナイフ』が、スイス現地や昔からの専門店で買う値段の4分の1以下の値段で買う事ができるのには驚きます。アーミーナイフひとつのことだけで全般的なことを判断してしまうのは冒険かもしれませんが、良い選択眼さえあればどんな商品でも通常感覚を無視した価格で手に入る時代であることは確かです。百円ショップには、100円で買える品のありとあらゆるもの並び、また色んなタイプの量販店には、従来感覚の私は、馬鹿でかい倉庫みたいなスーパーマーケットにこれぞという逸品が揃っていることに大驚きです。お金がそここにあれば、昔の宝物は簡単に手に入る時代です。今の時代に大事な感覚はライフスタイルを創造する能力の有無で、日頃の生活スタイルの良し悪しが決まってくるような気が致します。
昔は「ボロは着てても、心は錦…♪」ってな感じで大見得を切って歌えたものを、今だったら「ボロを着てれば、心もボロよ…♪」と歌わなければ心技体が一致しないと判断されてしまう気が致します。自分のライフスタイルが高品質感覚であれば、余りお金を掛けなくても心の錦を表現するような生活スタイルが作れる時代に入ったようです。
こんな時代だから、私たちの観光地づくりも従来からの感覚を脱ぎ捨て、現代に合った本当に良い観光地にはならなければならないと思っています。心を磨いて、技を磨いて、それらを表現できる観光地に岳温泉が脱皮できる日を夢見ています。
今年の夏、岳温泉は『安達太良山にどっぷり浸かろう!!』というキャンペーンを展開しています。すぐ近くに自然がありながら、その自然に触れ合うチャンスは余りない方のために、フォレストパークあだたらでの自然体験メニューに参加できるプログラムとか、奥岳ゴンドラを利用したガイド付きトレッキングなどを活用できます。都会生活からいきなり自然に飛び込める環境の温泉観光地は岳温泉が一番と自負しております。是非、自然環境評価日本一の岳温泉にどっぷりつかって自然と人間の一致したライフスタイル感覚を味わってみませんか。近くの量販店で、簡単にアウトドアのかっこいいグッズが揃いますよ!
『どこでもドア』安達太良版
冬至の日は南瓜が出たり、クリスマスの前夜だったり何となく印象に残りますが、夏至の日の印象が薄いのはどうしてなのでしょう。ちょうどこの時期に梅雨に入り、梅雨寒であったり、太陽が見えない日が続くからなのでしょうか。それでも最近ではキャンドルナイトを仕掛けるなどイベントが各地で行われるようになってきます。
さて、私たち観光地で暮らす人間にとってはこの時期は夏休みを一ヵ月後に控える大事な仕込みの時期になります。
最近の季節感の無さと、年間休日の多さが原因なのか、夏休みはこれだという季節感を表現するのにかなり苦労します。
自分が小学生時代の夏休みは、一ヶ月も滞在して下さるお客さまが何組かお出でで兄弟みたいに仲良くなって夏休みの終わりに涙を拭き拭きお別れした記憶があります。滞在中に昆虫採集や魚とりをしたり、路上で花火をやったり、今の気忙しい世の中に比べて何となく幸せな郷愁感が漂っていたような気がする良い時代であったなと思います。時代を遡るのは不可能ですが、こんな時代と少しも変わっていないのが安達太良山の大自然です。ゴンドラや道路のお陰で昔よりは数段便利になっています。でも、道端からホンの数メートル山林原野に入るとそこは昔の自然のまま、わが安達太良山の魅力はそのままです。
私事ですが、6月のオリエンテーリング大会に今年も参加してみました。地図とコンパスを頼りに山林原野を突っ切る自然相手のスポーツはガキの頃の冒険心が湧き上がってくるスポーツの一つです。山野の地形を読みながらコントロール(目標のポイント)までショートカットし自分の地図読みの判断が正しかった時の満足感は小気味いいものです。オリエンテーリングのようなイベントがないと一般的にはなかなか自然に触れ合うのが難しい時代であることは確かです。
ドラえもんの『どこでもドア』みたいな装置が温泉観光地にあれば簡単に大自然に触れ合えるのではないかと思います。今年のあだたら高原にはこの『どこでもドア』的な仕組みとしてシャトルバスが走ります。安達太良トレッキングやフォレストパークあだたらのガイド付きプログラムなどが利用できるようになります。森に入ろうとしてもなかなか入れるものではありません。今夏は、身近な自然に触れ合い人間本来の冒険心を呼び覚ましてみませんか?
写真は森のおばけの目玉です?(ハンノキ)。お化けがいてもガイドがあれば怖くありませんよね!!
観光の原点回帰
サクラの花が咲き始めると何となくウッキウッキ。リーマンショックから沈みっぱなしだった経済も、侍ジャパンの快挙ではテンションが上昇ぎみかと期待がふくらみました。1929年大恐慌の再来、1873年の大不況そっくりだとか、不況脱出策も諸説紛々、答えはまったく五里霧中、特に観光産業がどんな風になるのかは皆目検討が付きません。こんなときは、スポーツ選手のスランプ脱出策をマネし、基本に戻ることが一番、原点回帰こそ唯一の隘路と決め付け、宿泊に結び付くような観光行動促進策を真剣に考えるようにしております。
一般的に観光行動の3原則は、余暇時間と可処分所得と行動阻害の道徳観からの開放といわれています。観光行動が起これば必ず経済的効果が現れます。今は大恐慌の影に不安感を募らせた大衆が将に巣篭もりしている現象でしょう。そんな意味では、28日に始まったETC『高速代1000円』と、『定額給付金12,000円』は単純だけど良い効果をもたらす手法であり大歓迎です。ちょうど花見の時期にかかり、巣篭もりや冬眠現象からの開放にはグッドタイミング、日本人だから花見景気につながれば最高ですよね。
『国の光を観(み)るは、王の賓たるに利(よろ)し』が観光の原点。地域文化の見せっこする事が今は最も大事だと思います。昨日、岳温泉に長野県東部(別所、菅平、鹿教湯など)の旅館の皆様が視察旅行に見えました。松渓苑でのお泊りでしたが岳温泉全体でのお迎えする事ができました。岳温泉における観光事情の視察ということで『インバウンドの話』はくぬぎ平ホテルの阿部女将、『地域ぐるみリサイクルの講話』は光雲閣の大内社長、そして宴会要員の私が加わり大懇親会でした。今朝は私がフォレストパークあだたらまでご案内。エコツーリズムの話を長野県の皆様と共に私も拝聴し、自分達の身近にこんなに素晴らしいお手本があることを再認識できしました。長野県の皆様からの質問のひとつに、「あだたらの意味は何ですか?」。私はアイヌ語の解釈が好きで、「『あ』=『我々の』、『だた』=乳房や母の意味(アイヌ語辞書ではtotto)が一番ぴったりと思います」と答え、納得していただいたようです。『乳首山』の愛称で親しまれている安達太良山は『母なる山』『おっぱい山』に間違いありません。愛の歌3首が詠まれた安達太良山は万葉集に最北の山であることもPRできました。観光の原点は自分達の国の『光=文化』をお互いに見せっこすることだと改めて認識した次第です。
写真は、フォレストパークあだたらでの講演会風景。文化を磨く事が大事ですね。
お断り:4月中旬から、ホームページのデザインが変わります。『あぐだもぐだ』の入稿がいつも手間取り月1回ペースでしたので、今度は会社総出でブログを書きます。ご期待ください。
世界選手権万歳
冬の間のニュースは何と言ってもスキーの話題が一番だと思います。今朝のニュースは久々に明るいニュースをもたらしてくれました。日本のスキー複合チームがチェコのリベレツで開催中のノルディック世界選手権にて見事に金メダル。来年のバンクーバーオリンピックに向けて弾みになるような快挙です。今年は、冬期スポーツが世界選手権の年であり、猪苗代ではフリースタイル世界選手権、スポンサーや総体的予算枠組みの問題も有りましたが成功を祈ります。
来週から始まるフリースタイル世界選手権は、福島県のスキー場と温泉場が国際化する良いキッカケです。昨日、私共の旅館においでいただいた外人のご夫妻は、息子の晴れ舞台(世界選手権のスキークロス競技)を見るため、アメリカ国内から直接我が宿に予約をされた方でした。予約段階での旅行会社からのメッセージだけでは、猪苗代の世界選手権がらみの方だとは判らず到着してから初めて滞在目的が判り驚きでした。息子の晴れ舞台観戦の宿泊地として、岳温泉は決して便利ではなく、むしろ不便なところです。幸いフロントの担当者がアメリカ留学の経験者で英語が話せたため、1泊だけで猪苗代のホテル宿泊をおすすめでき無事応援観戦できるようになり事なきを得ました。猪苗代スキー場に隣接するホテルまで無事にお送りできましたが、このご夫婦は多分、ヨーロッパアルプス地方の感覚やアメリカのスキー場の地理的感覚で予約を入れて来たに違いありません。
インターネットの検索機能がどんどん発展し3Dの立体図が一瞬にして見られる時代、岳温泉と猪苗代スキー場は一山越せば隣村の感覚。世界中を股に掛けているスキーヤーにとっては、イタリア側から登ってフランス側に下りるような感覚でしょう。ふもとの村々を結ぶアクセスの良さは滞在のための大事なプログラムかもしれません。日本のスキー場を持つ温泉場はアクセスがあるのが当り前の感覚で申し込まれたのだと思います。
アメリカ人夫妻のために晴れ舞台開催地に近いホテルにご案内して差し上げて良い気分ですが、実際にのは私の旅館の今日から3泊分のキャンセルを穴埋めしなければなりません。こんな出来事があったためか、人間の意識が急速に国際化している中で、自分の生業としている旅館と温泉場が未だ国際的感覚でソフトプログラム化されてないことに気がつきました。世界のリゾートはその地域の伝統を守りながらリゾート滞在のためのプログラムが充実しているように思えます。日本でも旅館内のサービスプログラムの向上と同時に地域ぐるみでの滞在プログラムの充実に力をいれていく事が大事だと痛感します。宿六家業は各種様々なお客様とお話するチャンスに恵まれます。日本の温泉場もこの世界同時不況が世界標準の観光地に脱皮する好機のような気がします。
ネット検索でご宿泊いただいたご夫妻に感謝し、ご子息の世界選手権での活躍をお祈りします。写真は今朝お発ちになる前の記念写真です。
天地人と岳の湯
この冬の天候は大荒れ。11月には2度の積雪、暮れの大風、春のような雪解け雨から暴風雪と荒れた天候の繰り返しです。景気も異常気象と連動しているのでしょうか、連日の不景気報道に不安がつのります。私の景気判断は唯一予約状況による判断ですが、旅館業はいいときも悪い時も伝わる反応が遅い業種です。湯に浸かってのんびり構えているクセが宿六には伝統的に備わっているのか、ゆで蛙になっても気づかないかもしれません。
こんな習性の伝統的宿六に付ける良い薬は旅をすることです。幸いにも旅行代理店の総会が各地で新年早々に開かれます。この総会参加こそアンテナを磨き、良い情報をキャッチする絶好の機会と思って諸国行脚し各地のバス会社などのセールスマンから生きた情報を得ます。ここに来てNHK大河ドラマによる旅行需要の換気効果が顕著で、各観光地はおこぼれにあやかろうと必死です。前回の篤姫、前々回の山本勘助、その前の新撰組と県ぐるみで大河ドラマ対策に躍起になります。今年は「天地人」、直江兼続の舞台上杉領は新潟、福島そして山形であり、このチャンスを逃すまいと各地域とも必死の様相です。それにしてもトップである織田信長や豊臣秀吉がテーマの大河ドラマが最近はなくて、お嫁さんか脇役が主演になりますね。異常気象や異常景気の時は、女の人や現場に精通した人物が集団のリードをする大事な役回りになるのかもしれません。女性知事の誕生もしかりですね。
さて、天地人と福島の関わり。福島県が上杉藩だったのはわずか3年強。会津若松の神指城(こうざし城)が幻の城郭建築であり、上杉家が永遠の繁栄都市を築こうとしたところであることもつい先日知りました。たまたま見たヒットラーの映画に登場する第3帝国の模型と上杉藩の幻の神指城は大分違いはありますが、領主の壮大な思いが同じであったかとも推察致します。会津から減封され、上杉家が米沢盆地だけで小藩ながら実の成る木を生垣にし、地場産業を発展させ上杉藩を幕末まで存続させる基礎を築いた直江兼続の生き方は今の世の中に当てはまると思い、このドラマの人気が判る気がします。
そうそう、福島県が上杉領であった時のエピソードに岳の湯の記述があるようです(テレビには出ません)。大森城(福島市)の城主栗田国時が敵対する伊達軍をおびき寄せる為に岳の湯に湯治に行っているという噂を流し、敵を誘い込み、まんまとやっつけ追い払ったとのこと。何とか、岳温泉も天地人にあやかるネタが見つかりました。ちなみに、写真は塩沢付近から見る鉄山です。この麓から悠久の温泉が湧き出ています。現在の岳温泉は町ぐるみの引っ越しで、ここの源泉から8kmの引き湯をしています。酸性泉の強い泉質が、まろやかな肌触りになって旅館に到達します。福島市から会津に通ずる最短距離がこの山道(湯川渓谷の登山道)だったようです。天地人にあやかって湯に浸かり、悠久の時を感じながら景気対策の秘策でも練ることをお奨め致します。
岳スキー場の話
ようやく本格的に雪が降りホッとしています。ホッとしたついでに岳のスキー場の歴史を綴ってみます。岳温泉にスキー場が誕生したのは昭和4年12月のこと、日本にスキーが伝わって18年後のことです。スキー場を開発した下りが祖父の書いた[岳に生きて]に掲載されているのでここに紹介してみます。
「東北の冬は暗く閉ざされた長い一日の連続であった。当時の岳温泉は例にもれず訪れる人がほとんどなくさびしい温泉街であった。まして雪深く一日中吹雪が荒れ狂う安達太良山は、とうてい登れないと思い込んでいた。大正13年3月東北大学山学部から冬の安達太良山を征服したいとの要望があり、私が案内役を引き受けることになった。……
その頃からぼつぼつと各地でスキー熱が高まり、私は岳にもスキー場を開設したいとの夢を抱き始めた。……
昭和4年の春、……岳温泉の将来についての座談会を開いた。冬の誘客には、スキー場を開設することが一番確かな道である、との結論に達したものの、経済力にとぼしい我々には、やはり夢でしかないのかとあきらめかかったが、その時、近藤先生が故郷の発展のためと、スキー場建設資金として、大金50円を寄付下され、……岳スキー場の調査を依頼してくださったその結果、安達太良山には岳温泉を根拠とする有望なスキー場ができると報告されたので、夢が実現の運びとなった。
……スキー場予定地が国有林であったが、スキー場利用の許可がおりなかった。…防火線としてある空地の利用を許可されたので約千メートルのコース整備と休憩所の新設に取り掛かった。昭和4年11月のことである。…」このような経緯がスキー場が誕生の秘話です。その後、昭和29年に地元50%、福島電鉄50%の資本構成で岳温泉観光株式会社による東北陸運局第1号のリフト営業が始まり、昭和39年からは二本松市が上部にリフトを増設、昭和47年からは富士急行がスキー場の運営に携わり今日に至っています。昭和4年から80年後の今日、スキーヤーにも親しまれる温泉場に大変身する事ができありがたいものです。
今年の冬には久しぶりに新しいリフト(4人乗り)が誕生しました。リゾート不況の中の設備投資はすごいことだと思います。シーズン中に安定して積雪があることを祈るのみです。写真は昭和29年頃の岳スキー場の様相です。
2009年は我が社にとっても創業75周年の記念すべき年。8月まで記念イベントを続けますのでさらなるご愛顧を御願いいたします。
追伸:創業75周年を記念して『岳に生きて』(著者・鈴木一二)の単行本10冊を先着順に進呈いたします。ご希望の方は、葉書にて私(鈴木安一宛て)にお申し込み下さい。
前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 次へ