やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
最新の記事
山並とスキー場の一考察
 毎年のことですが、冬になるとCS放送スポーツチャンネルのワールドカップスキーを録画することが私の日課に追加されます。お陰でヨーロッパアルプスの名だたるスキー場の山並みと地形まで頭にインプットされ、行った事のないスキー場でもガイドできます。ホントです!特に冬季オリンピックの年は年甲斐も無くソワソワし雪山に呼ばれているような気分になります。
 先日はソワソワ気分のついでに白馬までインカレ観戦に行って来ました。3000m級の山並をバックにしたスキー場の景色は、福島県人の私にとっては圧巻です。ついでにバンクーバーまで行ってみたい気持ちになっています。白馬のスキー場標高差は最大1100m。スキー選手がたくさん輩出する風土は何と言っても地形と積雪量から来るのでしょうね。
 一方、福島県の山並はやさしくスキー場の標高差も600m位が限度です。特に安達太良山はやさしい山並であり古くから多くの人に愛されてきた山であり、万葉集には三首も詠まれており古代のロマンを感じる事ができるところです。
  安達太良の嶺に伏す鹿猪のありつつも吾は至らむ寝処な去りそね
  陸奥の安達太良真弓はじき置きて 反らしめきなば弦はかめかも
  陸奥の安達太良真弓弦はけて引かばか人の我を言なさむ
 地元では乳首山の愛称で親しまれているのが安達太良山であり、スキー場基部は標高1000m程度です。ちなみに万葉集に歌われた山の名称がスキー場名にも使われているのは他には富士山くらいでしょうか。
 こんな素晴らしいところに生まれ育ったので、旅館の宴会場天井まで山並みの特徴を表現したく安達太良山の稜線の角度にしています。宴会場廊下の壁面デザインは、安達太良から阿武隈へ山並みが連なり、福島の阿武隈川沿いへと続き信夫文知摺(古今集・小倉百人一首)の日本画(荻生天泉作)に接する事ができます。
 山並みがやさしいだけに、スキー技術をやさしく習得するにはちょうどいいのが安達太良高原スキー場だと自負いたします。スキー場にて古代ロマンを感じるのもお勧めです。 
 写真は安達太良山の稜線を表した宴会場『安達太良』の天井です。見にいらっしゃいませんか?
我が心のマッターホルン
 地球温暖化とは言え、12月になると安達太良山は毎年真っ白になります。でも、年によって雪の積もり方の違いが毎年撮る冬の写真でよく判ります。今年の初冠雪は11月2日でした。その時はいきなり岳温泉周辺まで雪が積もり、千載一遇のチャンスにめぐりあい、真っ赤なマユミの実と雪のコントラスト写真を撮ることができました。その後は小春日和の日が続き山の頂きにも雪はなくなり、12月に入っても気温は低下せず、白く見えるのは山頂付近だけでした。それでも必ず、天は見方するものです。16日の新リフト竣工祝賀会当日には運よく降雪を見、新ペアリフト(ゴールドライン)完成祝いのように18日からは大雪に見舞われました。余談ですが、あだたら高原スキー場の椙山社長(富士急安達太良観光梶jは運のいい人だとの噂で持ちきりです。
 2年連続でスキーリフト新設のお陰で、新設ペアリフト(長さ760m)ではスキー場中間付近の乗場から一気に烏川沿いに標高1200m地点まで行けます。20年前からは薬師岳ゴンドラのお陰で標高1350mまで上がる事ができ、今年の新リフト完成でスキーコースがさらに魅力アップしました。薬師岳山頂からの紅葉は全国的に有名になりましたが、深雪ラッセルでわずかの距離を歩けば、厳冬期でも安達太良連峰の絶景を簡単に撮影する事ができます。
 さて、私の推奨する冬の絶景ベストショットをご披露いたします。撮影日時は12月27日午後2時、場所は薬師岳山頂からです。安達太良山は恵みの山です。お湯、水、きのこ、山菜、花、景色などなど、春夏秋冬何でもお相伴に預かれます。私などは、大きな夢まで与えてもらって来ました。「我が心のマッターホルン」こと矢筈ヶ森は私の少年時代のヨーロッパアルプスへの憧憬です。今冬の雪の降り方のせいか、特に素敵な山容のワンショットだと思いますがいかがですか。
 今年の冬はスキーリフトの完成を祝ってわが社独自で『すきすきスキーパック』なる宿泊パックを作りましたので是非ホームページから覗いてみて下さい。
 安達太良山に感謝をしながら、今年最後の『あぐだもぐだ』と致します。
保養温泉地づくりの長い道のり
PR不足ですが、岳温泉は全国7番目指定の国民保養温泉地(環境省)です。この制度は昭和29年から始まり、岳温泉は昭和30年8月24日に指定されました。現在、全国には91箇所の指定温泉地があります。指定の条件が、●温泉の効能が顕著●付近の景観が優れている●環境衛生条件が良好●気候学的に休養地に適している●温泉顧問医の設置●災害に対して安全、などです。環境省発行の出版物には「各温泉地それぞれ独自の特徴をもち、保養地として大いに利用されてよいものばかりであります」とあり、指定された温泉地側としては、これらの条件をベースに大いに温泉療養と自然条件を活かせる温泉地づくりを目指すべきだとの思いがいつも念頭にあります。
さて、全国7番目の保養温泉地・岳温泉の現況ですが、60年前の指定条件を基本に色んな取り組みをしています。自然条件を活かしたウォーキングを柱にした健康保養温泉地づくりでは他の地区よりは、少しばかり先を行っていると自負致します。平成16年からの福島大学との産学連携により、ハートビッヒ・ガウダー氏(独)のパワーウォーキング理論を保養温泉地づくりの根幹に据えて事業の展開をはかっております。ガウダー理論は心拍計を基準として、ふくらはぎのミルキングアクションを第2の心臓と捉えて個々人の体力にあった取組みをすることにより誰でも健康になれるシンプルで楽しい理論です。岳温泉観光協会事務局にはパワーウォーキング理論を習得したインストラクターが常駐し、レンタル心拍計で誰でも気軽にこの理論を習得できますので、是非インストラクターを活用して高原を散策することをお勧めいたします。
今回で4度目になるガウダー氏の来訪で感じたことは、ドイツ型保養温泉地モデルを日本の温泉地に活用するには、日本の医療と保養の関係をスムーズすることで温泉地がもっと人間の健康に寄与できる場になれると確信したことです。岳温泉はもともと自然豊かな環境の温泉であり、スキー場のゴンドラを活用すると刺激性気候の亜高山帯(1350m以上)に簡単に到達できます。旅館街の集落は標高550mほどのテラス状のところにあり、こちらの保護性気候は安眠に最適環境です。NK(ナチュラルキラー)細胞が増え免疫力アップにつながる桧の森には標高630mの等高線上に平坦なウォーキングコースもあります。こんな立地は言わずもがな、身体や心の健康を害した後のリハビリテーションや病気予防には最適の場であることは間違いありません。是非、岳温泉に滞在して自分の健康を積極的に自分で獲得することをお勧めします。岳温泉では健康保養温泉地としてのウォーキングを中心とした滞在プログラムを準備しお待ちしております。
温泉で癒して、病ダレを外し、心を前に出しましょう。愉しくなりますよ(解るかな?)
写真はガウダーさんのノルデッィックウォーキング講習会の1コマです(あづま館専用グランドにて)
安達太郎は伝説の道
 安達太良山には7つの登山口があります。今回は伝説の登山道をご案内します。安達太良縁起によれば『安達の郡主、安達太郎は、田地が岡に城を築いて郡内を支配し、隣郡の信夫の荘司の息女を娶り一男を産み嫡子とした。時の奥羽国司は多賀城に住む酒色を好む暴れ者であった。あるとき、太郎の妻が稀有の美女と聞き、父親の信夫荘司に対し「太郎を誅して妻を奪い取れ、従わなければ、お前を殺す」と脅かした。荘司は恐れて兵を起し、安達太郎を攻撃した。太郎は敵陣の囲みを破ってようやく逃れ出たものの、田地が岡へ戻る事ができないまま、鎌倉に赴いた。太郎の妻は夫が戦に敗れて死んだものと思い、自らの剣に倒れてしまった。太郎は忠臣箕輪大夫と鬼王丸は、幼児を守りながら安達岳に逃れたが、信夫の兇徒は、これを追って山の中を捜索した。危険を悟った箕輪大夫と鬼王丸が、助けを神に誓ったところ、忽ち逃散してしまった。しかし、里へ下りることもできず、食料も尽きて途方にくれた。このとき一老婆が現われ、猪苗代に案内してくれたので、ようやく助かる事ができた。やがて幼児は成人して元服して安達二郎と称した。そして安達岳に太郎の廟を建て、安達太良明神として祀り、また、箕輪大夫を追悼して箕輪山に箕輪権現として祀り、更に鬼面山に鬼王丸の廟を建てて鬼面骨明神として祀った。二郎は、阿武隈川で遊泳の折に出会った美しい娘を妻とし、やがて生まれた男子を二本松三郎と名付けた。この安達一族は、後に姓を改めて畠山と称した。安達岳には十峰あって安達太良山を主山とし、連なる各山を末山とした。(天保12年、相応寺蔵)』というお話です。
 この物語に因む格好の登山コースが野地温泉から安達太良山頂を目指す縦走ルートです。野地温泉登山口(8:30出発)からブナ林の坂道を抜け鬼面山(1481m)へ急峻な道を一気に上ります。鬼面山は名前のとおりの絶壁ですが垂直の壁は木々に覆われています。強い北西風が稜線を越え東南側はいつも霧がたちこめるような気象状況を作り出しています。鬼面山山頂へはほぼ50分で到着(9:20)します。さて山頂についたとたんに鬼の頭を下ります。霧が出ていると下山コースを右に(西に)ずれる恐れもあるので要注意です。箕輪山と鬼面山の鞍部は潅木が覆いかぶさる道。箕輪山への登りは長くまた雨水にえぐられた道はつらい登り坂です。鞍部から約1時間で箕輪山頂(1718m)に着きます(10:50)。晴れていれば大パノラマが圧巻です。ここからは鉄山(1709m)への道は快適な下りで笹平分岐を過ぎ荒涼とした弥陀ヶ原にある鉄山避難小屋(11:50〜30分休憩)でいっぷくと行きたいところです。小休止の後、鉄山から沼の平噴火口を覗き、馬の背に下り月のクレーターのような火口を右に見ながら矢筈が森への滑りやすい道を通り牛の背に出ます。赤色の乾いた土が現れるとすぐに安達太良山山頂(13:30)ですので霧がかかっているときは目印になります。安達太良山頂(1700m)の愛称は乳首山ですが山頂はゴツゴツの岩山、鎖と梯子が設置されており誰でも山頂を征服できます。山頂からの下りは五葉松平を経由し、薬師岳山頂駅まで約1時間(14:30)。あとはゴンドラ下山し無事到着です(到着14:40)。
 室町時代にこの地域を治めた畠山3代の物語を安達太良連峰の縦走コースで連想するのも楽しいものです。装備万端でトライしませんか?
GPSに助けられた古刹探検隊
807年(大同2年)徳一開基の相応寺の寺院跡地に行く機会に恵まれましたので、その探検記を記します。徳一の小乗仏教と最澄、空海の大乗仏教論争は有名ですが、小乗仏教の説く自己の厳しい人格形成を目的とした修行の場としての相応しい場が安達太良山中標高1100m地点であったことが想像できるような場所でした。
相応寺跡については長い間、地元の歴史家の間でも論争があり、今年の5月に言い伝えをもとに相応寺に残る古文書を再解読し、場所の特定に至ったようです(馬場平老人会歴史愛好クラブ代表渡辺武郎氏)。古文書のよると十嶺が安達太良連峰の代表の山であり、@安達太良山、A剣山(矢筈森)、B船明神、C薬師峰、D眉嶽、E杉田山、F鉄山、G浄土平(弥陀ヶ原)、H箕輪山、I鬼面骨山とあり、D眉嶽とE杉田山の場所の特定が相応寺跡地特定の鍵になったようです。杉田川がありながら杉田山が特定できないのは、眉嶽と置き換えられた山(前が岳)が杉田山であり、現和尚山が眉嶽ではなかったかという点であり、現寺沢は寺に通じる沢道であったのだろうという推論が場所特定の結論です。
私も参加した岳文化協会主催の古刹探検隊は、林道と笹薮を幅1mくらい切り開いた山道を通り約1時間かけて何とか標高1,100mの尾根筋の平場・相応寺跡に辿り着くことができました。1200年前の開基であり平安末期には七堂伽藍の配置も推測される場であり、到着した時は胸が躍りました。背の高い木が多くほとんど遠望が利かず、高い位置はわずかに和尚山の嶺筋が確認できる平場でした。5月に確認したという人の手による角柱や直線で直角に配置された礎石と思しき岩石などを観察しながら、数時間が経過し持参のおにぎりを食べた後、帰路につきました。昼食を食べた場所から上部にさらに平場がありそうだということで30分ほどさらに探索し、地中に埋まった岩石に円形の石蓋が乗っているのを発見しいよいよ帰路に着きました。
しかしながらここで事件。ベテランぞろいのパーティーは下り道の方角を間違え2時間半ほど熊の出没に怯えながら山野をさまよう羽目になってしまいました。尾根の平場から急に急峻な崖になり方向を間違えたと勘違いし、西よりの崖を下山。途中で気づいたものの正規のルートからは大きく外れ、途中は熊の通り道のような沢を渡り熊の糞やブナの木の爪あとを見ながら何とか、林道に辿り着きました。脱出できたのは、GPSで位置を確認でき、緯度経度の入った地図もありオリエンテーリング用のコンパスがあったからです。
ちなみに相応寺跡の平場は北緯37度35分、東経140度17分付近です。お陰で、経緯度から位置特定と北緯37度付近の1秒が何メートルなのか勉強する事ができました。山野を迷って無事生還するのは楽しいものです。アドレナリンもいっぱい出ます。写真は無事に、林道に出た瞬間です。
日米英合同安達太良登山隊
日本、英国、米国の三国合同隊の安達太良登山の報告です。ルートはあだたら高原スキー場から、安達太良山頂を目指すいわばゴールデンルート。今年の夏の特徴とも言える雨季がずーっと続いているような天候の中、岳温泉近辺が深い霧に覆われていてもスキー場より上部は晴天で久々に山頂を見る事ができました。
奥岳9時半集合後、ゴンドラにて標高1350mの薬師岳山頂駅9時50分到着。国際隊なので会話は全て英語、グリニッジ大学フットボール(サッカー)チームイギリス人3人のうち一人はかなり訛った英語。3人とも体格はいいが、このロンドン下町訛りの英国人は特に巨漢。薬師岳山頂からは安達太良連峰の全貌が見渡せ、全員元気にNipple Mountainこと乳首山を目指し意気洋々とした出発でした。薬師岳出発後まもなく、リノ(ネバダ州)出身のアメリカ人青年が先頭集団で隊列を引っぱり仙女平分岐に到着(10時30分)。5分間の休憩後出発。英国隊の一人が『How long does it take to the top?』と質問。私が『It will take One hour, more!』と答えたら、『ガンバリマス!』の答えが返って来てビックリ、英国の相撲人気のせいでしょうか。さて、巨漢の英国人青年は少しずつ遅れ始め、ボッカ役の私がアンカーでサポート。先行しているアメリカ人青年と元気のいい英国青年2人は乳首山まで900m地点でアンカーグループを待っていましたが、巨漢が到着するや否や出発。日頃のトレーニングの恨みを晴らすかのようなユーモアには思わず笑いが込上げました。やっとの思いで憧れのNipple Mt.に到着、最後の岩場を鉄梯子と鎖を使ってよじ登り三国合同隊が無事山頂征服(11時30分)。残念ながら頂上付近は霧の中でしたが八紘一宇の碑をバックに記念撮影(注:誰も八紘一宇の意味に気づいてません)の後、下山。牛の背の荒涼とした道を経て、矢筈ヶ森手前から峰の辻へ下り昼食(12時10分)。持参のおにぎりと冷えた缶ビールでの昼食で満足の様子でした。その後、くろがね小屋に立ち寄り小休止(13時15分)。湯樋道に沿って銀名水と金名水の水の旨さを比べながら下山。下りも先行のネバダ出身のアメリカ人青年は、烏川の滝つぼで泳いだとか。余りにも水が冷たくて、前日の二日酔いはリカバリーしたものの、再度頭痛を訴えるありさま。それでも全員無事に奥岳到着でした(15時)。日英米三国合同隊の登山は安達太良登山史で最初かもしれません。皆さんも色んな混成チームで登ってみませんか。色んな発見がありますよ。きっと?!?
一物多価&多物一価時代のリゾート実験
昔からあこがれの逸物『スイスアーミーナイフ』が、スイス現地や昔からの専門店で買う値段の4分の1以下の値段で買う事ができるのには驚きます。アーミーナイフひとつのことだけで全般的なことを判断してしまうのは冒険かもしれませんが、良い選択眼さえあればどんな商品でも通常感覚を無視した価格で手に入る時代であることは確かです。百円ショップには、100円で買える品のありとあらゆるもの並び、また色んなタイプの量販店には、従来感覚の私は、馬鹿でかい倉庫みたいなスーパーマーケットにこれぞという逸品が揃っていることに大驚きです。お金がそここにあれば、昔の宝物は簡単に手に入る時代です。今の時代に大事な感覚はライフスタイルを創造する能力の有無で、日頃の生活スタイルの良し悪しが決まってくるような気が致します。
昔は「ボロは着てても、心は錦…♪」ってな感じで大見得を切って歌えたものを、今だったら「ボロを着てれば、心もボロよ…♪」と歌わなければ心技体が一致しないと判断されてしまう気が致します。自分のライフスタイルが高品質感覚であれば、余りお金を掛けなくても心の錦を表現するような生活スタイルが作れる時代に入ったようです。
こんな時代だから、私たちの観光地づくりも従来からの感覚を脱ぎ捨て、現代に合った本当に良い観光地にはならなければならないと思っています。心を磨いて、技を磨いて、それらを表現できる観光地に岳温泉が脱皮できる日を夢見ています。
今年の夏、岳温泉は『安達太良山にどっぷり浸かろう!!』というキャンペーンを展開しています。すぐ近くに自然がありながら、その自然に触れ合うチャンスは余りない方のために、フォレストパークあだたらでの自然体験メニューに参加できるプログラムとか、奥岳ゴンドラを利用したガイド付きトレッキングなどを活用できます。都会生活からいきなり自然に飛び込める環境の温泉観光地は岳温泉が一番と自負しております。是非、自然環境評価日本一の岳温泉にどっぷりつかって自然と人間の一致したライフスタイル感覚を味わってみませんか。近くの量販店で、簡単にアウトドアのかっこいいグッズが揃いますよ!
『どこでもドア』安達太良版
冬至の日は南瓜が出たり、クリスマスの前夜だったり何となく印象に残りますが、夏至の日の印象が薄いのはどうしてなのでしょう。ちょうどこの時期に梅雨に入り、梅雨寒であったり、太陽が見えない日が続くからなのでしょうか。それでも最近ではキャンドルナイトを仕掛けるなどイベントが各地で行われるようになってきます。
さて、私たち観光地で暮らす人間にとってはこの時期は夏休みを一ヵ月後に控える大事な仕込みの時期になります。
最近の季節感の無さと、年間休日の多さが原因なのか、夏休みはこれだという季節感を表現するのにかなり苦労します。
自分が小学生時代の夏休みは、一ヶ月も滞在して下さるお客さまが何組かお出でで兄弟みたいに仲良くなって夏休みの終わりに涙を拭き拭きお別れした記憶があります。滞在中に昆虫採集や魚とりをしたり、路上で花火をやったり、今の気忙しい世の中に比べて何となく幸せな郷愁感が漂っていたような気がする良い時代であったなと思います。時代を遡るのは不可能ですが、こんな時代と少しも変わっていないのが安達太良山の大自然です。ゴンドラや道路のお陰で昔よりは数段便利になっています。でも、道端からホンの数メートル山林原野に入るとそこは昔の自然のまま、わが安達太良山の魅力はそのままです。
私事ですが、6月のオリエンテーリング大会に今年も参加してみました。地図とコンパスを頼りに山林原野を突っ切る自然相手のスポーツはガキの頃の冒険心が湧き上がってくるスポーツの一つです。山野の地形を読みながらコントロール(目標のポイント)までショートカットし自分の地図読みの判断が正しかった時の満足感は小気味いいものです。オリエンテーリングのようなイベントがないと一般的にはなかなか自然に触れ合うのが難しい時代であることは確かです。
ドラえもんの『どこでもドア』みたいな装置が温泉観光地にあれば簡単に大自然に触れ合えるのではないかと思います。今年のあだたら高原にはこの『どこでもドア』的な仕組みとしてシャトルバスが走ります。安達太良トレッキングやフォレストパークあだたらのガイド付きプログラムなどが利用できるようになります。森に入ろうとしてもなかなか入れるものではありません。今夏は、身近な自然に触れ合い人間本来の冒険心を呼び覚ましてみませんか?
写真は森のおばけの目玉です?(ハンノキ)。お化けがいてもガイドがあれば怖くありませんよね!!
前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 次へ