やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
私説・観光パラダイムシフト論
  昨年11月の降雪予測はカマキリの巣の高さによる予測でしたが見事に外れました。2年続きの暖冬異変を変えたい気持ちが降雪予測を狂わせたのかもしれません。予想だにしなかった新型コロナウィルス流行現象に覆い尽くされており、気が滅入ります。武漢でも、未だ非感染地域でも、何となく気が晴れずに過ごしているのではないでしょうか。
  西暦2020年は、将に観光パラダイムシフトの変換点にあるように感じます。以前から起きていたパラダイムシフトが、突然のコロナ禍で表面に出てきたようです。
  岳温泉は引き湯の温泉であり、源泉には1200年前の歴史的記述が見えます。標高1400m地点の湯元の絵図も残り、200年前の山崩れで、湯元と温泉街全部が埋没してしまった記録も二本松藩資料に現存し、この時の被災者リストから地域別マーケティングデータが取れます。山崩れ事故から復活の際、二本松藩第三セクターによる、場所の移転と温泉街づくり施工費も推測できます。遡って、室町時代後半、岳の湯と沼尻の湯の権利を手に入れた、初代湯守の話も残り、温泉地タイムトラベルができるのが岳温泉です。
  さらに、1100年頃の公家社会から武家社会に変わる直前、不治の病に罹った武士が27日間の湯治にて平癒の記録があります。江戸時代の温泉地形成は、英国重商主義の余波が山間の温泉場にも及んでいたかとの夢想も出来、山崩れ事故直後、二本松藩が温泉型テーマパークを開業させた理由も推察すると楽しくなります。富国強兵から近代工業化時代に入り今の岳温泉が遷り、直後にスペイン風邪流行にさらされた後に、湯樋の引き湯管になり、冬のオフ対策にスキー場が開発されました。戦後は団体客優先の観光地づくりがついこの間まで続いています。1990年代に入る頃、情報化社会論が巷に溢れ、それでも団体客はあり、少しずつ個人のお客様受入にもシフトしてきました。2011年3月東日本大震災と原発事故が起き、その9年目にコロナパンデミックに襲われたのです。この時がパラダイムシフトが現れた時であり、旅館予約がパソコンからスマホに急激シフトしました。コロナでの外出自粛、インバウンドの壊滅、従来からの受入体制の温泉観光地が無事でいるわけはありません。観光地の生き残りをかけた施策GoToトラベル効果は抜群、しかしながら団体はほぼ無くなり、三密回避現象はこれからもずーっと続くに違いありません。
 このような状況下、参加人員を伸ばした観光商品が岳温泉でも作られました。3年前から取組んだ『シャワーウォーク』がそれです。その他『ファットバイクツアー』『ヒストリア早朝ウォーク』などあり、気軽に自然に浸れる商品が価値観転換後の観光地商品になる予感があります。特に『あだたらワンダーランド・ネイチャーツアー』は、売れ筋商品に化ける予感がします。モニターツアー参加後の目の輝きが参加の前と後でこんなに違うのかとも感じました。これからも『ADATARA Activity』を充実させ、パラダイムシフトに対応できる温泉地にしたいと思います。写真は、温泉街を少し登ったところの雑木林の中です。森の動物の痕跡にも気付きます。