やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
東北のコンテンツ
『野分の候』の時候あいさつが使えなくなるような気候変動ぶりには驚きです。台風15号の風被害、それが冷めやらぬうちに台風19号の襲来、さらに21号による大雨洪水など、大変な時代に入った感があります。万年単位での地球は寒冷化のサイクルに入っても、人類が農耕を始めてからのメタンガスや炭酸ガスの排出、さらに昨今の温室効果ガスの急増など、早急な解決策が欲しいとの思いもつのります。海面レベルが1mメートル上昇すると5億人の人間の住居が水面下になるとかの予測報道も不気味です。
台風被害の報道に隠れて、東北地方が世界第3位の旅の訪問地域となりましたので詳しく記します。10月発表のロンリープラネット社のベストイントラベル2020の世界10傑の地域部門に日本の東北地方が3位のランキングでした。1位は中央アジアシルクロードの『キルギスタン、タジキスタン、ウズベキスタン』です。2位の『ウンブリアとマルケ』はイタリア、そして3位に我が『日本の東北』ですので実に興味深いランキング入りです。因みに4位がアメリカの『メイン州』、5位オーストラリアの『ロード・ホウ島』、オーストラリア東海岸から600kmにある島で、一日に400人に限られた旅行者を受け入れるサステナブル観光のモデルです。6位は中国の『貴陽(コイヤン)』、7位がスペインの『カディズ地方』、8位が『アルゼンチンの東北地方』。9位がクロアチアの『クバルナー湾』、そして10位がブラジルは『アマゾン』です。
よくぞ東北地方が3位にランキングされたと思います。因みにこの広い東北の6県それぞれの代表的特徴をクローズアップしており、岩手は中尊寺と三陸海岸ロングトレイル、青森は十和田湖と八甲田山、酸ヶ湯の混浴、恐山は震災後に訪問者が絶えない話も載っています。秋田は武家屋敷と桜の角館と乳頭温泉、山形は出羽三山と修験道体験、立石寺の奥の細道、宮城は松島やこけしの鳴子、福島は会津若松城、武家屋敷、栄螺堂と酒の沢山の酒蔵などです。東北の特徴として伝統の祭があり農村の原風景があり、平泉など高い文化性にも着目されています。よくぞ、東北をひとくくりに世界ランキング入りしてくれたなと思います。特に東北地方については2011年3月11日の大震災からの復活のコメントが付いており、世界中の目がこちらに向いていると感じました。
中央アジアのシルクロードは日本人なら誰でも旅心が誘われます。10傑の観光地が自然、文化、伝統などが守られている地域ばかりであり、旅行者制限までしている地域がランキングしていることは観光地のあり方の新しい兆候でしょうか。世界観光会議がニセコにて先日開催されましたが、ここで議論に上がったのが観光地オーバーユースでした。観光地情報などのすべての情報が伝わる時代、私たちの東北も大事に観光地づくりをしたいと思っています。
文化的モニュメントとしては城郭建築の日本100名城に選定された城が東北には10カ所、うち福島県内は会津若松城、二本松城、白河小峰城の3名城です。写真は白河の小峰城ですが、東日本大震災で石垣が崩れその後、立派に復元されました。