やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
陸奥の万葉集最終編
仁徳天皇陵などの古墳群がユネスコの世界遺産登録は素晴らしいことです。大和朝廷の日本統一が4世紀中頃と言われ会津まで和の国になったのが会津の名称の起こりと言われ、ここには大塚山古墳などがあります。陸奥の万葉集最終版は、まずは会津峯の万葉集をご紹介します。

 会津(あいづ)嶺(ね)の 国をさ遠(どほ)み 逢はなはば 偲(しの)ひにせもと 紐結ばさね(巻第14 3426)
(解釈;会津嶺の国から遠く離れるので、逢わなくなったら偲ぶよすがにするために、さあ紐を結びくださいな)
歌碑は会津若松市鶴ヶ城三の丸跡(昭和51年の建立)と、磐梯町公民館(昭和59年建立)にあります。

続いて、郡山市に采女伝説として残る歌です。百舌鳥・古市古墳群に近接するのが古代葛城王国であり、葛城王にまつわる万葉集も何か因縁を感じます。

安積香山影さえ見ゆる山の井の 浅き心を我が思わなくに
(巻第十六 由縁ある雑歌3807)(解釈;安積山の影までも映す山の泉、それほど浅い心を私は持たないものを。)葛城王こと橘諸兄と采女の伝説として残る、酒宴でのおもてなしの話しです。

県都の福島市の万葉集と推測されるのが

美(み)夜(や)自呂(しろ)の砂丘辺(すかえ)に立てる顔が花 な咲き出でそね 隠(こ)めて思(しの)はむ
(巻第十四3573譬喩歌)(解釈;みやしろの砂丘に生えているかおの花よ、人目につくほど派手に咲かないでおくれ。人に隠れてこっそり愛でていたいから。)
この和歌の場所は、万葉地理考などから、福島市宮代の摺上川が阿武隈川と合流する当りであろうと考えられますが、歌碑は建立されてはいません。

天皇(すめらぎ)の御代(みよ)栄えむと東なる 陸奥山(みちのくやま)に黄金(くがね)花咲く
      (巻第十八 4097)

大伴家持が越中守の時に、今の涌谷町(宮城県)に黄金が算出した朗報が入り、これでめでたく大仏建立が成り、依って天皇の御世が栄えるであろうとのお祝いの歌であります。
写真は万葉の歌人で編者の一人である『大伴家持』像。奈良県立万葉美術文化館の所蔵です。制作は大山忠作画伯によるものであり、またまた、陸奥二本松との因縁を感じます。