やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
1月の閑話休題
1月はトランプ大統領就任の事が新聞テレビのトップ記事に出なかった日がなかったような気がします。新聞見出しアメリカに入国を拒否された人の人数、新聞社の違いによって数値が大きく違うのは不思議です。また、ある新聞には米国が「マッド・ドッグ早期派遣」の見出し、「…っえ?」と思い記事をよく読んだら解説が有り国務長官をマッド・ドッグ(狂犬)と呼び日本に送り込むとの記事、日本の新聞も何となくトランプ劇場に踊らされてきたかなとも思えます。トランプさんが得意とされているツイッターにはトランプさんに関する日本人ツイートは何も見えず、SNS利用者の性質は変わりやすいのかもしれません。
県内のニュースは『県民メタボ率ワースト2』の見出し、福島県がワースト3番目から2番目になったという福島県立医大の大平教授の発表には驚きでした。ちなみにメタボ率と健康長寿率が反比例の相関関係があり、歩くことによりメタボ率が減り健康長寿になるというエビデンスが取られており、健康保険費の自治体と個人の負担が低い市町村が健康で長生きの地域社会になっているようです。先日の豪雪ランク日本で三番目の檜枝岐村は、健康寿命が高く全国三番目であることをご存じの方もおいででしょう。ここは45歳以上の村民に全員歩数計を持たせて、ウオーキングの後で村役場に有線テレビから歩いた歩数と心拍、血圧などを報告するそうです。こんな村が福島県にあっても福島県のメタボランクはなぜに全国ワースト2位?と疑問を持ちますが、福島には原発事故の所為で仮設住宅暮らしに住んでいる方が多く、こちらは双葉5町の内、4村が全国ワースト10に入ります。それでも双葉郡の中でも避難者の多い浪江町は介護保険負担費が同じ双葉郡の他町よりは低く、これは仮設住宅入居の方々にも『歩く』プログラムを推奨しているからです。
さらに同日の「『トランプの科学』に懸念」の見出しの日経新聞記事のまるっきり科学を否定している話です。予防用ワクチンの効果を否定し、全惑星に宇宙探索を仕掛けるとのこと、全ての科学的根拠を否定してかかるお方のようです。このまんまでは二酸化炭素による地球温暖化についてはまったく何の科学的根拠もないと言っていると同じなので、今世紀末には地球温暖化はついに4度以上の上昇結果が現れ、福島県でスキーが出来なくなるのが一番心配です。
トランプさんの話題にかき消されて、以外と気にしなくなっている『カジノ』法案のことですが、日経新聞コラムに「カジノで町おこしに既知症」のタイトルがあり目に留まったので言及します。大雑把な内容は30年前のリゾート法同様に、カジノを保有したホテルが町おこしの名目であちこちに誕生し、日本にはカジノの専門家もいないので、リゾート法で廃墟になった日本のリゾート姿が既知症として目の前に現れるってな記事です。写真はリゾート法施工以前の我がニコニコ共和国のカジノです。独立国なので治外法権だったかも?もしも、今ニコニコ共和国があったらトランプミニタワーを建設していたかもしれません。