やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
『美肌の湯』全国3位です
岳温泉がウェブサイトの楽天人気投票にて『美肌の湯』全国第3位になったがうれしくて温泉についての御託を並べてみます。
温泉って、いろんな温泉があるのはご承知の通りです。一般的に温泉の効果は、3つの物理的効果、@温熱…温まると血行が良くなると乳酸が排出されやすくなる、A水圧…静水圧で全身に圧力がかかり内臓が刺激され内臓運動になる。B浮力…温泉に首までつかると体重は10分の一になり体が軽くなった感覚でα波が出やすくなる。海や山に滞在することによるが得られる転地効果による精神的効果。そして、薬理効果が泉質(効能成分)によるものとであり、これらの複合的効果が温泉の効果と言われています。
さて、『美肌の湯』人気投票にて、なぜに岳温泉が第3位になったのでしょう。環境省によると宿泊施設のある温泉地は全国に3133か所、源泉数は2万8033か所だそうです。
今回の『美肌の湯』ベスト10位の温泉の泉質を簡単にリストアップすると、1位湯西川温泉(アルカリ性単純温泉)、2位四万温泉(ナトリウム、カルシウム、塩化物、硫酸塩泉)、3位岳温泉(酸性泉)、4位飛騨高山(単純温泉、弱アルカリ性、低張性低温泉など他にも色々ある)、5位道後温泉(アルカリ性単純温泉)、6位山代温泉(ナトリウム、カルシウム、塩化物、硫酸塩・塩化物泉。同、硫酸塩線。アルカリ単純温泉の3種)、7位箱根湯本温泉(アルカリ性単純温泉)、8位蔵王温泉(酸性含硫黄アルミニウム泉、硫酸塩、塩化物泉)、9位昼神温泉(硫黄泉、アルカリ性pH9.7)、10位石和温泉(アルカリ性単純温泉)となり、
10傑のうち8か所はアルカリ性であり、蔵王温泉と岳温泉の2か所のみが酸性泉です。
 分析的に細かく調べれば調べるほど、「どうして、岳温泉が全国3位になったの?」と疑問府が重なります。ウェブサイト楽天の調査によると、温泉地に泊まっての感想を集計しての結果だそうですが、お客様の評価はありがたいものです。
 さて、自己PRもしてみます。岳温泉の泉質は酸性泉でpH2.5、レモン水と同じ水素イオン濃度で市販の化粧水と同じようです。岳温泉の源泉地は安達太良山の旧噴火口の標高1500m位のところにあり、15か所の自然湧出泉から1本の湯樋パイプで8km下流まで引かれ40分で各旅館の浴槽に到達します。この湯樋管でもまれた酸性泉が湯もみ効果で柔らかくなるのも原因の一つかと考えます。成分はCa、Mg、Alイオンが多く、また、メタ珪酸含有量も目立つので、お肌のベトベト感を除去するには、私も最高の温泉だと思っています。なめてみると少し酸味があり渋さを感じます。サラッとするのは含有成分のせいですかね。岳温泉から5kmの県民の森周辺に湧出する温泉はアルカリ泉が多く、ヌルっとする感じです。アルカリ泉と酸性泉の両方に入ればより『美肌効果』があるかもしれません。岳温泉は悠久の温泉、写真が岳の湯の源泉地のくろがね小屋付近です。ここならもっと転地効果あったかもしれません。御来岳をお待ち申し上げます。