やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2020/08 の記事一覧
そろそろやめてもコロナ節
世界中の人々が、半年間もコロナに振り回され、ヤキモキしながら旅へ出たい気持ちが目に見える夏休みであり、また、2次流行の懸念報道が世界のニュースから流れる、いつもとは違った感覚の夏でした。
経済活動が止まらないように、アクセルとブレーキを交互に踏む自動車レースのような経済運営をどの国もやっているに違いありません。
自分もこの半年間、隣県を除いてほとんど、どこにも出かける事がありませんでした。
元々、岳の夏は下界よりは遙かに涼しく、7月〜8月は、岳温泉外に出る事を嫌うタイプの人間が多いのが我が岳温泉です。それでも今回ほど長期に亘って地域以外のことを知る機会が無く、毎日のニュースやワイドショーも、見飽きた感があります。おそらく、同じような感覚の人が多いのではないでしょうか。都会暮らしの方々も、テレワーク推進とやらで、自宅にて朝から晩までケジメも付けづらく仕事をし、同様に飽き飽きした感覚になっているに違いありません。
観光地はほとんどの夏祭りが中止となり、祭が準備されても伝統を絶やさないために神社で少人数の氏子で会合を開く程度です。そんな中、本格的地域イベントがようやく開催されることになりました。それは、『OSJ安達太良トレイル50K』です。10年前の東日本大震災直後の9月にも開催が危ぶまれ、それでも実施したイベントです。お陰で、今回で11回目の継続開催となります。但し、今回は前夜祭パーティー無し、スタートは4人ずつ5秒間隔、9月5日は10kmショートコース、2日目はロング50kmです。850人のフルエントリーであり、トレイルランナーに取ってはコロナ騒ぎの中、待ちに待った山岳レースになると思います。トレラン競技以外でも前年よりも繁栄しているイベントもあります。山に登る人が増加しているように見え、あだたら高原スキー場のイルミネーションも来場者が前年よりも上回っています。また、岳温泉観光協会が3年前から取組んで来たアクティビティの一つであるシャワーウォークが大人気、連日多くの参加者で賑わっております。スキー場に隣接した烏川の渓流を利用しての、沢登りですが、ウェットスーツを着込み、ライフジャケットとヘルメットを付け、滝壺や急流に挑みます。30℃超の気温であっても、渓流の水温は12℃、夏にしかできない非日常体験の冒険です。
連日の猛暑とコロナ騒ぎに辟易し、条件反射的に鼻歌に出てしまった歌が『小林旭の自動車ショー』。ご存じの方も多いと思いますが…「あの娘をペットにしたくって…(中略・略・略・略)…そろそろやめてもいいコロナ!」暑さとダルさにかまけて、口ずさみたくなりましたことをお許しください。
安達太良高原で免疫力アップし、コロナと共生できるようにしませんか。谷川の渓流は清々しく、ほんとの空には赤とんぼが飛び交います。是非お出かけください。