やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2019/03 の記事一覧
平成スキー場物語2
岳温泉で除雪車の登場を見なかった初めての冬が平成最後の年になってしまいました。各地のスキー場は降雪量が例年の半分以下、何とか3月末までは営業を引き延ばす努力をしている事に、スキー場関係者にエールを送りたい気持ちでいっぱいです。冬が終わり寂しい気持ちなので、スキー場の話で平成時代を振り返ってみたいと思います。
日本で最初のスキーは明治44年1月、上越は高田にて軍事訓練のため、オーストリアから派遣のレルヒ少佐によるもの、同年3月には開通したばかりの奥羽線の山形と福島の県境にある五色温泉にオーストリアの商社マンがスキーをしており、その後の東北地方のスキー振興の要となりました。大正3年に猪苗代では磐越西線川桁駅からの軽便鉄道が中ノ沢温泉まで運行しており、早稲田大学スキー部が初のスキー合宿を行ったのが大正9年、東北地方最古のスキー場です。岳温泉スキー場は、昭和4年12月開設、昭和29年は東北陸運局第一号のリフト運行となりました。猪苗代にスキーリフトが架けられたのが昭和34年この頃からスキーブームが始まり、その後、県内各地にリフトを設置したスキー場が沢山誕生したのが昭和の時代です。
さて、本論。平成時代のスキーリゾート論2。昭和時代の後半、バブル景気とリゾート法の施行により、県内には続々と大きなスキー場が登場致しました。折しも土湯トンネルが開通し、冬期間でも県都福島市と雪の会津を簡単に行き来できるようになり、またリゾート法活用の素晴らしいスキー場開発が未開の山間地までおよび、会津地方全域が一流の山岳リゾートになるとの予感がありました。『私をスキーに連れてって』の映画のテーマソングに乗る若者、またスキー修学旅行も全盛期でスキー場にはスキーヤーが溢れました。しかし数年前の予感は見事に外れ、スキーヤーの目減りが目に見えて来たのが1997年ごろでした。「なんで、スキーヤーが減ったの?」「スノーボードが出て来たからだ!」とか、「リフト料金が高いからだ」とか、スキーヤーの減少傾向に百家争鳴の如くスキー場経営論が飛び出しました。スキーブームに限り陰りが見えたときに光った経営論が白馬47のスキーヤー満足度を大事にした事例と、ツェルマットの環境主義と自治組織による経営論であったことが記憶に残っております。福島は2011年3月11日の大震災と原発事故風評被害を克服できないままですが、平成時代に新しくなったスキー場が沢山在り、さらにリノベーションに取りかかった所もあるのが福島のスキー場の特徴です。是非、滑りにお出でください。
新元号の発表は明日。昭和は戦争の時代の反省から「平成」になったと解釈します。平成は地球温暖化現象からの問題解決につながる元号になればいいと思うのは、雪大好き人間の願いですがいかがでしょうか?新元号の人気投票では栄安、久安とかが出てますが、安雪とか安天なんかはどうですかね?人工知能が人間の頭脳に追いつく2045年は新元号26年に当たるので、ロボットに人間が征服されず、自然の雪でスキーをやりたいと思うのは私だけでしょうか。写真は数年前の豪雪の後の温泉街です。来年の冬からは雪が平年通りに降って貰いたいものです。