やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2018/10 の記事一覧
2人のオリンピアンのこと
福島県出身の2人のオリンピアンの天才ぶりについて書きます。一人は渡部剛弘選手、もう一人は遠藤尚選手、二人とも福島県立猪苗代高校です。 
遠藤尚選手はフリースタイル部門のモーグル競技の選手、バンクーバー、ソチ、平昌と冬季オリンピックに3年連続で出場し、日本の男子モーグルを引っ張って来ました。ワールドカップの最高位は2位、バンクーバーオリンピックでは7位入賞の実力です。ソチオリンピックの後に背骨骨折の大事故を起こし、再起を危ぶまれたことがありますが、見事に復帰し平昌オリンピックにも出場、メダル獲得の期待がかかりました。代わりに原大智選手の銅メダル獲得が印象に残っています。遠藤尚選手の存在が男子モーグル競技のレベルを上げ、日本初のメダル獲得につながったともいわれています。モーグル競技はスタートからゴールまで22秒〜24秒の勝負です。それも、コブ斜面が続く間に2つのジャンプ台がありここで空中に飛び、宙返りなども入ります。ちょっとした着地地点のミスから、タイムにも影響します。スタート時の心拍数は170位になるようですが、平時でも脈拍数をスタート時点と同じにできるそうです。彼はあらゆる場面を想定しイメージトレーン二ングし、実行できるようなったようです。不随意筋をイメトレだけでスタート地点の状況に持っていく能力は天才的とも言えます。
渡部剛弘選手は、遠藤選手の4歳下のノルディック複合選手の日本代表として平昌オリンピックのメンバーの一人です。平昌では現地でのコンデションが悪く、団体複合の選手選考から漏れてしまいましたが、渡部暁斗選手らの日本チームの一員として、ワールドカップを転戦している大事なメンバーです。渡部剛弘選手は日本で一番ジャンプ台で練習しない選手のようです。それは、福島県の事情です。福島県にはジャンプ台の練習台が在りません。このような環境立地の中でノルディック複合の日本チームメンバーに名を連ねております。ワールドカップでは2016年トロンハイムにて9位になるなど、日本チームになくてはならない選手であり、次の北京オリンピックでの上位入賞を狙える位置にいる選手です。彼こそが天才ジャンパーかもしれません。コーチにあれこれ指示してもらうよりは、自分で何でも試してみる選手のようです。先日行われた遠藤選手とのトークショーでは、天才風トレーニングをどんなふうにやるのかを話してくれました。ジャンプのスタート台に立った時に、今回はこんな飛び方が良いかもと思うと、その通りにできるようです。イメージトレーニングだけで本番に臨むくらいの技能を持っている選手です。ノルディック複合は前半ジャンプで後半は10kmのクロスカントリー競技があり、同じ種目で別々の身体能力を駆使する競技です。ジャンプの時は少しでも体重を下げ、クロカンになると食べて体力をつけます。この競技の覇者が『King of Ski』と言われる所以です。
写真は二人のオリンピアンを岳温泉にお呼びし、「ニュースポーツを子供たちと楽しむ」イベントのワンショットです。天才ぶりを垣間見ることが出来ました。