やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2018/06 の記事一覧
ラストサムライ&ファーストサムライの地・福島
FIFAワールドカップ2018日本チームの予選通過は、ブーイングがあったけど結果オーライ。孫子の兵法でのアジア地区から唯一の決勝進出に「侍ジャパン,頑張れ!」と思わず叫びたくなります。
少し話は飛びます。侍と同類の騎士の国イギリスはイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドと4チームも同じ国から予選に出ているのは不公平ではないかと思い調べてみました。理由はイギリスサッカー協会の創立が1863年でありこの4チームが圧倒的に強くFIFA創立の1904年に、イギリスサッカー協会は実力の違いと世界最古の協会である事から固辞、FIFAが強く加盟を促し『一定の自治が認められている地域のサッカー協会の国家協会である』という規定で、イギリス4チーム加盟になったとのことです。2年前のイギリスのEU離脱が国民投票可決でされ、またまたスコットランド独立の動きが出ているとかの話もあり、何となく今回のFIFAワールドカップの参加国チームの戦いぶりには興味をそそられます。『侍ジャパン』のニックネームがついた日本チームが明治の夜明けの『ラストさむらい』のように正々堂々と決勝トーナメントも勝ち進んでもらいたいものです。
さて、今年は戊辰戦争150年の節目の年でもあります。ラストサムライの地の福島の7月は各地で色んな行事が行われます。ワールドカップサッカーは15日が決勝戦、どこの国が勝ち進むのですかね?サムライジャパンの祭の一つである伝統の相馬野馬追祭は7月28日29日30日の3日間です。この野馬追も福島県のSNS発信Uチューブにはラストサムライの一シーンとして勇壮な神旗争奪戦の騎馬武者隊として登場します。相馬藩は鎌倉時代初期(1189年)以来戊辰戦争終結の1868年までの約740年間を相馬氏が所領とした日本で最長の武家です。また、今年は同じ日になってしまいましたが、二本松城の落城の日が7月29日です。落城の前夜、28日には二本松少年隊顕彰祭が行われ、29日は二本松藩主丹羽家菩提寺の大隣寺にて墓前祭が行われます。戊辰戦争の時、二本松藩は信義に基づき城を枕にして討ち死にした唯一の藩です。ラストサムライそのものが二本松藩なのです。12歳の少年兵が白兵戦に出陣し幼くして散っていったのが二本松の地ですので、記憶に留めてください。
150年前の二本松藩と会津藩はまさにラストサムライの地でもあります。相馬藩は、平安時代から武家社会になった当初から740年間も同じ地域を治めた領主であり、こちらは『ファーストサムライ』の地であると表現してもいいかと思います。
写真は国の重要文化財『阿津賀志山防塁』です。3.2qの防塁線が残り阿武隈川に接続する奥州藤原氏と源頼朝軍との奥州合戦の結節ラインです。武家社会の始まりは阿津賀志山防塁線が破られたのがキッカケであり、戊辰戦争で二本松藩、会津藩が落ちて終結しました。いわば、『ファーストサムライ』から『ラストサムライ』の現場は福島県にあることを認識いたします。
サムライジャパン頑張れ!