やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2018/01 の記事一覧
オリンピック出場四方山話
ピョンチャンオリンピックが間もなく始まります。開幕直前の日本選手の活躍ぶりが連日新聞やテレビを賑わし、福島県ゆかりの選手として猪苗代高校出身者が3人も出場します。スキーモーグル競技の遠藤尚選手、ノルディック複合の渡部剛弘選手、そしてチェアスキーの鈴木孟史選手です。遠藤尚選手は「自分は高校まで育ててもらった猪苗代が大好きです。ここまでの選手になれたのも猪苗代を練習バーンとしてやってきたからだ。それでも世界に飛び出すには、甘えの許されない環境に身を置くことだと考え、先輩の中村さんの会社(宮城県忍建設)にお世話になって競技を続けている。オリンピック3回目の出場になるのでメダルを取り現役を引退する」と述べ、前回のソチオリンピックの後に腰椎骨折もし、今期のワールドカップには2位に入るなど自信に裏打ちされたスピーチには感銘を受けました。
ノルディック複合の渡部剛弘選手はワールドカップ転戦中でありこの種目では福島県からは初出場です。実は福島県にはジャンプ台がありません。オリンピック種目の中のクラシック競技であるこの競技で福島県出身の選手が出ることは絶賛に値します。ジャンプ台については1997年の国体の時に作られたのですが、維持が難しく、こわれたままになっており、ジャンプ台のない県出身の選手がオリンピック日本代表として出場するのは周辺のサポートも含め大変な努力です。今日の新聞にも同じ猪苗代高校の先輩方と出場できるのは光栄である、自分のパフォーマンスをしっかりさせて望むとの談話です。剛弘選手の所属はガリウム(スキーワックス)ですが、元素の名称であり滑走性が非常に優れており東北の鉱山にて発見されワックスとして世界の選手が使っています。
鈴木孟史選手は小学2年生の時に交通事故で両足を無くしましたが、チェアスキーでアルペンの金メダルを前回のソチオリンピックで取っておりこちらの活躍も大いに期待できるところです。彼が中学生の頃は福島県の身障者大会をあだたら高原スキー場で行っていたので鋭く縦にスキー板を切ってくる滑りが目に焼き付いております。
さてこのように種目が違って3人も同じ高校からオリンピックに参加するのはめったにないことです。これら3選手はアルペンスキーから入りオリンピックの切符を手にしています。この磐梯山周辺に根付いたスキー文化のなせる業が多くのオリンピック選手を生み出し育てる地域なのかもしれません。
磐梯山周辺には数多くのスキー場が点在します。猪苗代湖の湖面の標高はちょうど500mくらいです。湖の北西側に広がる平地に連なり磐梯山がそびえ立つ風景は心が大きくなる感じです。磐梯山の周辺に点在するスキー場は天分の立地にありオリンピック選手を産み出す絶好の環境にあります。出場選手の応援をお願いし開幕前の「あぐだもぐだ」といたします。