やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2015/05 の記事一覧
新旧イベント開催・満員御礼
昨日はイベントが目白押し。仕事柄、地元で行われた2つのイベントに参加することが出来ましたが、裏方で走り回っている立場も良く分かるので大変さを実感しています。
二本松では市政10周年と福島県デスティネーションキャンペーンを記念してのお祭り大集合の企画でしたので、合併前の4市町それぞれの祭を霞ヶ城公園に集めての大イベントとなりました。東和地区の『あばれ山車』と『木幡の幡まつり』、岩代地区の『紋付まつり』、二本松地区は『提灯まつり』で7台の山車がお城山に歴史上初めての勢揃いでしました。また、この日の為の屋台村が駐車場に出来上がり、千客万来の村になり大繁盛を呈したようです。旧4市町の祭りが一堂に会するのは少しばかり異様な感じがするのは否めませんが、あばれ山車が太鼓の囃子で盛り上がりながら、山車同士が正面衝突し、山車に上がっている大きな人形が揺れる様は周囲の観覧者を皆巻き込み大きな歓声が上がります。大きな頭巾を被った弁慶人形が揺れる様は、文字通りあばれ山車そのものです。白装束に身を包んだ木幡の幡まつりの勇者たちは季節柄か暑そうでした。7色の旗を長い竹竿にかざし、町を練り歩くのは真夏日の気温では、さぞや重労働でしたでしょう。門外不出の『紋付まつり』は周囲の喧騒を気にもせず紋付羽織袴で颯爽と歩くさまは、これぞ門外不出と思わせる雰囲気がありました。フィナーレは350年の伝統を誇る『二本松の提灯まつり』が初めてお城山に大集合で大変な盛り上がりを見せました。
一方、同日に福島市では『ミュージック花火』なるイベントがあづま運動公園にて開催されこちらも大変な盛り上がりでした。因みにあづま運動公園は岳温泉から30分程度の位置にあります。ミュージック花火が行われたのは野球場です。ホームベースからセンターの方向は真南です。私の座席は3塁側でしたので真正面に安達太良連峰が全貌でき、その右側から吾妻連峰が続く絶景ポイントです。さて、この『ミュージック花火』なるものは私は初体験、開演までの時間に飲食を済ませ野球のナイター観戦よろしくのんびりと座って待機していました。野球観戦の時もバッターがクリーンヒットした時のカキーンと言う気持ちいい音を創造していました。19時にあいさつ(始球式でしょうか?)があり、ナイター照明が消されいきなりドデカイ大砲の音と外野席に炎の列、炎からは一瞬ですが熱が伝わってくる感じでした。それからあっという間の45分間に音楽に合わせての花火の打ち上げが繰り広げられました。この花火の凄さと音楽のマッチングは文字であらわすには難しすぎるくらい感動し『八重の桜』のテーマ音楽に続いて『花は咲く』の演奏には涙が出るくらいでした。写真はミュージック花火です。デスティネーションキャンペーンはあと1カ月です。是非、『花が満開、福の島』にお出でください。