やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2015/03 の記事一覧
野にいでよ!
春になりました。3月末のスキー場クローズと共に人も自然もいっせいに新しい年度の準備に入ります。商売柄、自然の移ろいが大事な商品となるものだからスキーシーズンの終了サインが次への商品販売チャンスとするべく気持ちの切り替えをする大事な季節です。同時に人の動きにも敏感になります。自社の新入社員研修も始まり、この時期には色んな会社の新入社員研修宿泊セミナーも当館にて開いていただけます。また、今年は福島県全体の観光キャンペーンが4月から6月まで行われ私たち業界にとっては千載一遇の春とも言えます。
 29日には二本松としてのデスティネーションキャンペーンのための『にほんまつ・魅力発信・フェスティバル・2015』が駅前の市民交流館にて行われ、郷土料理『ザクザクの歌』とダンスや、新しく結成された『二本松少年隊パフォーマンス』が披露されました。昨年のプレDC(デスティネーションキャンペーン)から任命された二本松市観光大使の大山采子さんを始め多くの来賓の方々を一堂に会してのオープニングイベントの後は、お昼に『ザクザク』が300名分もふるまわれました。
午後からは『ザクザクの歌』を作曲した歌手Shinvaコンサートと『光の戦士ツインウェイター』ショーが行われ、おっぱいコンテストまで行われました。誤解しないで頂きたいのはおっぱいコンテストは『おっPAIぷり〜ん』と『おっPAIザクザク中華まん』の試食会です。このように春のDCを迎えるため今までにないほどの盛り上がりを二本松は見せています。DC期間中の二本松は市内各所で様々なイベントがほぼ毎日のように行われます。
『桜色 ほんとの空に 映えるまち』というキャッチフレーズの下に、4月は市内各地に多く点在する桜の名所は、DCに合わせて地域の方々が趣向を凝らしたイベントを開催します。東和の『中島の地蔵桜』の観桜会は4月18日、岳温泉桜坂の桜祭りは25、26日で鏡が池の畔で野外コンサートがもたらされます。超有名になった『合戦場のしだれ桜』は10日から30日までライトアップされます。昨年まで桜の大木の近くにあった小屋は取り除かれましたので新たな写真撮影アングルが誕生する事でしょう。霞が城公園の桜まつりは城山全山を舞台にしたもので、9日にライトアップ点灯式が行われ全山が桜の山になると言っても言い過ぎではありません。19日には『ちょっとぶらり!さくらウォーキング』が行われます。毎年恒例のウォーキング大会ですが、旧二本松市内の寺院にある銘木の桜を訪ね歩くウォーキング大会ですので、皆さまも是非ご参加ください。
野に出でよ  野風光ると  おもわずや     零雨
 写真は、俳人で文学博士の宇田零雨先生の俳句です。皆様も二本松にお越し頂きお泊き自作の俳句をご応募ください。DC期間中の印象を俳句にしてお寄せください。