やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2014/04 の記事一覧
山が呼んでますよ!
いつもですが4月は慌ただしく過ぎて行きます。積雪状況が気になるスキーシーズンが終わった途端、桜情報がイッパイ飛び込んでくるのが4月です。立春過ぎの2月中頃から花粉情報が飛び交い、3月に入ってからは桜情報がTVの画面を占領します。スキーシーズンが終わったと同時に桜の開花情報が目白押しになります。スキー場立地にも恵まれた福島県ならではの桜情報の露出度上昇で何となく心が浮かれてきます。
さらにフェイスブックのお陰で、世界中の情報が瞬時に入ってきます。私の場合はフェイスブック友達にスキー関係者が多く、世界のスキー場情報が飛び交い、4月はまだスキーシーズン真っ盛りと錯覚してしまいます。ウィスラーカップなるアルペンスキー世界ジュニア大会は毎年4月上旬に行われ、日本からもU14とU12の選手が派遣され話題が広がります。ちなみにU12クラスは本年も総合優勝し、3年連続の栄冠を手にしました。U14になると欧米選手との差が開くことなど瞬時にわかります。日本でもこの時期は選手にとってはシーズン中。御嶽山では長野オリンピック以来の16年ぶりで高速系競技が行われたようです。標高2000メートル以上のスキー場はまだまだ真冬の様相を示しています。2000m以下でも山形県にある月山スキー場は4月にオープンです。それまでは積雪量が余りにも多くスキー場営業ができないらしく7月までがスキーシーズンであるのは別格です。
  雪の話題と桜の話題が重なるから、4月が慌ただしく感じられるのでしょう。今年は余計にせわしなく感じるのは桜の開花時期が北も南も近づいているからなのだと思います。ちなみに二本松霞ヶ城址の桜の満開は4月16日頃、岳温泉桜坂の満開が4月24日頃、両所は標高差330mあり、平均気温の4月の前30日は7.9℃の上昇、標高差による気温差2℃程度は約8日間の差で、ほぼ天地明察です。盛岡市が満開であったのは4月25日頃ですが岳の桜坂とほぼ同じなのが不思議だと思ったら弘前城も29日には満開になったとか。今春は緯度に沿った気温の上がり方は北も南もほぼ同時に感じます。偏西風の蛇行のせいでしょうか?反面、標高による気温差は意外に大きく、底部の桜の咲き方と高い標高での桜の咲き方は例年通りのようです。
  それにしても、今年の春は桜の話題が豊富です。福島県を上げての観光キャンペーンが4月、5月、6月と催され、各地で自慢の一本桜などが『オラの部落の○○桜だ』などと、人間を巻き込みながら咲き競っていました。岳のソメイヨシノは今日の雨ですっかり葉桜になりましたがヤマザクラと八重桜が咲き始めています。明日からはまた晴天が戻り新緑が五月の空に萌え出します。写真は4月26日の安達太良山の残雪、ゴンドラも動き始めましたよ。山開きは5月18日、湯川渓谷と奥岳間のシャトルバスとデマンド乗合タクシーも運行します。山が呼んでます、お待ちしています!