やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2013/12 の記事一覧
行く年、来る年
2013年の印象を羅列してみます。世の景気動向から言えばアベノミクスなる経済刺激策が実行に移されたことの効果が大きいようです。うまいネーミングで株価も年初の1.6倍の大納会であったとか、今のところ順調に見え、新しい年も好景気が続いてほしいものです。
  福島第一原発の汚染水問題については腹立たしくなります。原発事故の収束がいつになるのやら福島県人としては精神衛生上良くなく、まったく気が晴れません。
世界中で異常気象状態が目立ちました。日本でも気温40℃超の日が連日出現。アメリカにしかないと思っていた大竜巻も九州に発生、さらに関東地方にも急襲するとは、大気が今までにないほど不安定化しているのでしょう。フィリピンでの甚大な台風被害は悲惨でした。
おめでたい話としては伊勢神宮の遷宮と出雲大社の遷宮が重なったこと、富士山の世界文化遺産決定、三浦雄一郎さん80歳で最高齢エヴェレスト登頂などはみんながお祝いをしたい気持ちになりました。お蔭で私も足首に五sの錘をつけて歩きました。私の場合は三日坊主でしたが。
不思議なことといえば宮崎駿監督がどうして引退してしまったのでしょうか?宮崎監督の制作してきたアニメが何故か人類の未来を暗示しながらも、現実に起きてしまったことに対してぶつけようのない感情があったのかもしれません?
スポーツ面では楽天イーグルスの優勝かな、マーちゃんの無敗勝利投手はすごいことです。スキー女子ジャンプワールドカップに高梨沙羅が史上最年少総合優勝、ソチオリンピックが楽しみです。
朝の連ドラの「あまちゃん」の大ヒットはテーマ音楽が良かったのもかなり影響している気がします。ちなみに作曲家の大友良英さんは福島高校出身で同級生の弁では高校時代からかなり飛んでいた人らしいです。流行語大賞に「じぇじぇじぇ」が入り「今でしょう!」「お・も・て・な・し」「倍返し」と4語同時というのは新しい現象かなと思います。
2020年の東京オリンピック決定。続く猪瀬知事辞任は天と地ほどの違いでした。福島、郡山、二本松と現職市長の連続落選と既存の権威がすべて否定されてきたのかもしれません。
さて、2014年はどんな年になるのでしょう?景気も引き続き上向いて、福島原発の汚染水垂れ流しも解決付けばいいですよね?異常気象に対しては用意周到に備えなければならないのでしょう。
我が宿のこと。4月に昭和9年創業から80周年を迎えます。ちなみにこの年に日本のプロ野球が始まりました。さらに、初めてアメリカンフットボール競技が米国から渡り大学リーグが誕生しました。我が宿の最初のお客様は早稲田大学米式蹴球部夏合宿です。写真は創業コーナーの『昔の帳場』。大きな扇があるのは昭和9年当初は扇屋分館の名称であった為です。2014年も末広がりによろしくお願いいたします。