やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2013/02 の記事一覧
2月の話題から
2月は日数のせいかあっという間に過ぎました。今月は色々と特異な自然現象や社会現象が起きていると考えるのは私だけでしょうか。
8日にはマグニチュード8.1の地震がサモア諸島で発生し日本に津波が到着。16日未明に南極の方向から地球に接近する小惑星のせい??と疑ってみたら、前日の15日に隕石がシベリアのチェリャビンスク州に落ち1200人もの怪我人が出る有り様。You−tubeや、監視カメラにうつる衝撃波のすごさがテレビから伝わってくるので関連付けたくなります。
その前日の14日にローマ法王が辞任発表をしたらサン・ピエトロ大聖堂に雷が落ちBBCニュースなどで繰り返し流されていたので、これも関連付けてみたくなっています。数年前に読んだ『ダビンチコード』なる小説の同じ著者の『天使と悪魔』は気になりながらも読まなかったのですが、文庫本化されたついでに読んでみました。スイスにある全長27qの大型高速加速器で反物質が発見されたことでローマ法王を事件に巻き込んでしまう展開が今回のローマ法王ベネディクト16世辞任劇と重なり私の頭の中ではゴッチャになっています。
  今年の冬はより低温の寒波襲来でところによっては大豪雪のようで家屋が押しつぶされているとか?それでもスキー場便りを見ると、ところどころに一部可能マークのスキー場もあり、降雪の多いところと少ないところが今冬はかなり極端な気がいたします。
ウィンタースポーツは世界選手権の年、開催地がヨーロッパなので真夜中のテレビ観戦で連日寝不足気味です。オーストリーのシェラドミンゴで行われた世界アルペンスキー選手権では、期待された湯浅直樹選手を始め日本選手の入賞者は出なかったようですが、佐々木明選手には復調の兆しが見えたのはうれしいことです。一方、イタリアで行われている、世界ノルディックスキー選手権の方は、日本の女子ジャンパー・沙羅ちゃんの活躍ぶりが目立ち、ジャンプ混成団体戦では日本が金メダルに輝くなど頼もしいものです。個人戦でのメダルも多くなってきたようです。
福島県では3年ぶりにフリースタイルスキーワールドカップFUKUSHIMA2013が開催されました。こちらは2年の空白期間をおいてレース復帰した上村愛子選手には復調の兆しを感じられ2日間とも5位入賞。24日の最終日には今まで結果を出せなかった伊藤みき選手が見事金メダルに輝き、来年のソチオリンピックが楽しみになってきました。
写真はFISワールドカップ・フリースタイルスキー猪苗代大会の開会式ウェルカムパーティの一幕。左から2番目が上村愛子選手。さすがフリースタイルの開会式、レースクイーンがビブドローに一役買ってイベントを盛り上げてくれます。福島県内のスキー場はベストコンディションです。是非、お出かけください。