やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2012/12 の記事一覧
ピンク色の安達太良山から
今年は時間軸というか歴史軸の話題が多かった気がします。3年前に『2012』なるハリウッド映画を見、今年の10月に本屋の店頭で『滅亡の暗号』なる本を衝動買いしマヤ暦の最終日2012.12.21期限付きで読破、SFミステリー好きの私には飽きない年でした。フランスはピレネー山脈のBukarachなるリゾート村が地球の最後でも生きる残るリゾートだとかで一儲けしたとか、マヤのピラミッドのあるメキシコのチツェンイツァにも最後の日を迎える観光客で大賑わいであったとか、中国では宗教団体が大騒ぎし大量の逮捕者を出したとか世界中で珍現象続出にもびっくりでした。
それでも日本社会はマヤ暦で大騒ぎにはならなかったようです。たった一つの例外的話題と言えば、かの有名な小沢さんが今年3月のスピーチにマヤ暦最後の年になることを話し、自らの政党が終盤を迎えたという話題はどう解釈すればいいのでしょう。私はどんな話題でも我田引水的に観光誘客に結び付けようと思う悪い癖があります。9月に映画化された『天地明察』は江戸時代の改暦の話ですが、原作には3度ほど二本松藩の算額者磯村吉徳の江戸塾のことが登場しますが映画では残念ながら話題にもなりません。それでも改暦の話ですのでもっと盛り上がってもいいのかと思いますがどうでしょう。太陽暦と太陰暦では世界観が違うのかもしれません。
ロシアのプーチン大統領は、地球がいつ終わるかとの問いに『46億年後だ』と答の明快さには脱帽。クリスマス前に安倍首相再登板決定と韓国初の女性大統領の誕生はマヤ暦5126年サイクルの最終ページの出来事としたら、惑星直列は天変地異よりも人の心の変化に大きく現れたのかもしれません。
さて、マヤ暦の新しいサイクルに入った最初の出来事を『かぎろひと月』としたい…コジツケですが…いかがでしょうか?柿本人麻呂の『ひんがしの 野にかぎろひの立つ見えて かえりみすれば月傾きぬ』は692年11月17日に詠まれた歌とのことですが、今年の暦では12月29日に当たります。太陽が昇ると同時に西の空に月が傾きかける夜明けの天体ショー。岳の緯度ではピンクに染まった安達太良山に傾きかけた月が浮かんでいるのが見えるはずでした。世界が無事でしたので、万葉人のように時の流れに身を任せ自然と一体になって空を眺めてワンショットする予定でしたが今朝は雲がかかってしまいました。『天の海に雲の波立ち月の舟 星の林に漕ぎ隠る見ゆ』も万葉集1086の歌。こちらも勝手に使わせていただきますが、何となく宇宙旅行をしている感じでおおらかですよね。
  慌ただしき激動の2012年でしたが、2013年が良い年でありますようにお祈りいたします。
  写真は2007年12月26日午前7時16分の安達太良山での『かぎろひと月』です。
  来年はナイスショットしたいと思います。