やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2012/11 の記事一覧
観光地宣伝の今昔
インターネットニュース番組を、NHKと民間大テレビ局がニュースで取材し大々的に報道する時代になるとはびっくりです。聞くところによると(ネット検索での情報ですが!)ニコニコ動画なるサイトの創設は2006年12月12日、たった6年足らずで衆議院選の為の党首討論番組を主催しニュースに流すようになるとは、時代がまったく変わってしまったようです。今朝の中央紙朝刊の一面はどの新聞社も党首討論の記事。ある新聞は「ネットで党首討論対決」の大見出し付ですが、党首討論会に至った経緯も記事にし、またネット会社の株価も大幅値上がりしたとのこと、時代変化に大驚きです。
インターネットによる観光地や宿泊施設の情報提供が今や主流になってしまい、古くからの友人でさえもネット予約で入り、あとで携帯に電話がかかってくることもあります。観光地宣伝の在り方もここに来て大転換であると思います。先月の『あぐだもぐだ』で触れた大河ドラマも観光地宣伝にはかなり効果があり、テーマや主人公に関係する地域は我が田に水を引くべく躍起になります。
1月からの『八重の桜』には私たち福島県の観光業者は大いに期待し、集客効果に結びつけたいと切望します。この秋、白河と二本松の歴史資料館で開催された『新島八重と戊辰戦争展』のお蔭でテレビ放映前の県内PRも少しずつ盛り上がってきたかなとも感じます。京都では同志社の創立者新島襄夫人・八重のキャラクターが作られ、漫画で読む「八重物語」や「新島襄」などの出版物も数多く出されています。同窓会館に隣接する新島旧邸も一般公開されており新島八重の人となりを垣間見ることができますので京都にお出かけの際は是非お立ち寄りをお勧めします。
余談ですが、同志社大学歴代同窓会長名にはそうそうたる名前が刻まれているのにも驚きます。戦後2代目の会長名が小野英二郎(日本興業銀行創始者)とありこの方がオノヨーコの祖父に当たります。実はこの小野英二郎夫人の鶴子が二本松藩家老丹羽求馬の長女嘉輿子姫の娘です。戊辰戦争で二本松城落城の時は14歳で備前藩士税所篤人に保護され、後に妻になります。オノヨーコがジョンレノンと結婚し「愛と平和」をいつも訴えるのは戊辰戦争の悲惨さが語り継がれているからなのかと推察いたします。『八重の桜』効果が二本松にも及ぶことを期待して、同窓会のことにも触れてしまいましたがお許しください。
2013NHK大河ドラマ『八重の桜』のヒットで千客万来の福島県になって欲しいと思います。季節外れの写真は30年前の岳温泉からの暑中見舞いです。この頃は、テレビによる宣伝効果がバツグンでした。ニコニコ共和国独立宣言のニュースもニコニコ動画があったらどんな展開をしたことでしょう。