やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2012/04 の記事一覧
ランドマーク考
わが二本松のランドマークである安達太良山、稜線の雪がようやく解けて黒くなり出しました。今年もシンボルの雪形が駒形、鮒形、千鳥形と順に現れるのでしょうか。この冬はエルニーニャの影響とやらで偏西風の蛇行が激しくいつになったら春になるのかと思っていたら、やっぱりゴールデンウィークになると例年通りに桜が咲き出すものです。梅もレンギョウもこぶしもいっせいに咲き出しました。岳温泉の桜坂は咲き始めからたった2日で満開状態。偏西風の蛇行が今度は急に暖かい空気をいっせいに安達太良山に送ってくれたのでしょう。あの3.11から1年と2ヶ月目にしてようやく復興の息吹らしきものを肌で感じています。1年以上待ってやっと春が来た感じです。
福島県内各地でも何となく春の芽吹きが見えてきました。いわき市のランドマークといえばアクアマリンふくしま。津波の被害から立ち直り再開業、水族館横の砂浜で潮干狩りの映像を見ると放射線量も低下したのだと思わず喝采です。
一方、県外でも東京スカイツリーの開業を5月22日に控え盛り上がってきているとのこと、東京のランドマークは東京タワーから完全にシフトすることでしょう。武蔵の国の高さ(634m)に合わせるなどうまいものですね。大阪では728(浪花)のタワー建設が検討されているとか(こちらはタケシの冗談くさいけど)、いずれにしても「人呼んで栄えるまちづくり」をどこもめざしていますね。
ちなみに福島のランドマーク的モニュメントは笹森山の電波塔ですかね。阿武隈山地には日本標準時の電波塔がありますがご存知ですか?東日本の発信基地が田村郡都路村大鷹鳥谷山にあります。ちなみに西日本のそれは佐賀県羽金山にあります。日本標準時の子午線東経135度が通る位置の明石が有名なので電波塔も人寄せにならないものでしょうか。
あの3.11からはドタバタの一年間でしたが、震災直後から岳温泉を2次避難の場所として過ごしていただいた浪江町の皆様からの素晴らしいお申し出を喜んでお受けしました。避難直後に岳温泉の桜の状態を気にして下され、今年の春の桜の咲く前に浪江町商工会の皆様が「自分達は桜が好きだから桜の手入れをしてあげたい…」との申し出、私たち岳温泉観光協会は甘んじて申し出をお受けしました。お蔭で今年の岳温泉の桜は見事に咲きました。この場をお借りして改めて浪江の皆様に御礼を申し上げます。写真は見事に咲いた桜坂。絆の桜トンネル、感謝感激です。(こちらはランドマークではありませんが古くからの桜の名所です)。
さて、我が福島県中通のランドマーク『安達太良山』から、新東京のランドマーク『スカイツリー』は見えるのでしょうか?同じ二本松市岩代の日山、羽山から富士山が見えるとのこと。スカイツリーが見える?北限の山『安達太良』ってなのはいかがでしょう。