やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2011/06 の記事一覧
3.11備忘録
東日本大震災にて被災された皆様に改めて衷心よりお見舞い申し上げます。
3月11日からほとんど思考停止中でしたが、大地震発生時に館内におり、備忘録的に再開『あぐがもぐだ』第一号に岳温泉での大地震を書きしるします。
この日の地震発生時には運よく館内の一客室におりました。それも私の弟と弊社の営業部長、それに年間で一番送客の多い案内所の役員と会議中でした。また、偶然にも東京在住の娘二人が帰省して二本松駅から私の携帯に電話をくれた時に地震が起きたのです。娘が「お客様もお待ちだけど、駅迎えのバスがまだ来ないよ? ワッ…、すごい地震!」と話したと同時に自分たちの居る部屋の畳がとんでもなく大きく揺れ始めました。長い揺れが治まるのを待って客室から飛び出したら廊下は煙幕のように白い粉が舞い視界不良。あちこちで閉まっていた防火扉を開けながら、一番強度が弱いと思われる建物へ走りました。既に会議場に居たお客様もどちらに逃げていいのやら右往左往。すかさず「こちらへ来てください。新館はマグニチュード8.5まで大丈夫ですから…」「ガラス側には近づかないでください」と玄関側の建物へ誘導、地震は何とかおさまり怪我人は一人も出さずに済みました。県内のお客様は帰宅の途に着かれ、首都圏在住のお客様は停電で暖房が効かない中、ロビーの暖炉で暖を取り、炊き出しのおにぎりをわが社の社員と共に食べて過ごしていただき、3日後に東北本線が宇都宮まで開通したのでお送りすることができました。水道が止まっても、幸いに玄関先の井戸があり、幸いにも温泉は無事。ご飯は薪で炊くことができキャンプ生活のようでした。建物はつなぎの部分(エキスパンションジョイント)がほぼ破壊されましたが、一部の宴会場を除いてはほとんど無事ともいえます。配管系統はほとんど破損し全館あちこちで水漏れでした。
停電のためにテレビからの情報が入らず、通常電話も携帯も使えず、ガソリンが買えない不安な日々でした。12日の夜に電気が復活し津波と原発事故の映像に触れ大変なことになったことを実感、岳温泉地域全体の被災状況もようやく掴めるようになったころから放射能汚染が深刻であるとの報道に大変なことになったと強く認識しました。
被災1週間目に浪江町からの被災者が二本松の体育館に避難され入浴ができないとの話、マイクロバスを旅館組合で共同運行させ全避難者に岳温泉の湯を入浴していただけました。旅館を2次避難所とすることが決まり4月5日からは千人以上の人が岳温泉地域に避難しておられます。来月に仮設住宅に移るまでは岳温泉に滞在されています。岳温泉の放射能レベルは中通の他の地区に比べると以外と低く安心して過ごされているようです。一日も早く原発が封じ込められいつもの福島になってほしいと思う日々が続きます。写真は安達太良山開きの安全祈願祭。放射能よ消えてなくなれ!