やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2010/11 の記事一覧
ガウダー理論パワーウォーキングの真髄
  パワーウォーキングの提唱者であるガウダー氏の岳温泉訪問が今回で5回目になりました。最初は5年前の2005年3月1日。その年の6月に岳温泉で日本初のパワーウォーキング指導者育成講習会が開催され53人のインストラクターが誕生いたしました。その後も毎年来日され、その度に岳温泉にて講習会を行い多くの方に参加をいただいております。5回に亘ってガウダー氏のパワーウォーキング理論を学んだお陰か、ガウダー氏の提唱する真髄がようやく理解できるようになりました。
  ガウダー氏は50km競歩の金メダリスト(1980年モスクワ)であり、自らの世界記録3時間37分47秒は20年間も破られませんでした。中学生まではスキー複合の選手でしたが、競歩の才能が目に留まり競歩競技に転向させられたようです。当時は東ドイツであり国家プロジェクトとして彼のために特設の練習道が作られた事もありました。引退後は建築家になり、古い家屋の解体でウィルス性の心臓病に罹り、当初は人工心臓、そして心臓移植を余儀なくされ現在に至っているようです。心臓移植後は通常は6年くらいの余命になるようですが既に13年経過、現在はイオナ大学にて教鞭を取りながら自らの体験を基にした社会教育者として世界中で活躍されている方です。
  ガウダー理論は心拍数を基にしたトレーニング理論であり、第2の心臓である足の機能を高めて新陳代謝を良くし健康増進につなげる理論です。心臓から出た血液は体の末端の毛細血管で各筋肉組織に酸素を供給し新陳代謝が行われ、静脈血として心臓に戻されます。足の動きはこの老廃物をたくさん含んだ血液をキチンと心臓に戻す大事な役割があります。カカトで着いて足底のローリングでつま先を蹴ることによりフクラハギのピストン運動につながる訳です。正しい足の動きがいかに大事かです。
  ガウダー氏が正しい足の動きをするのは当たり前ですが、他人の心臓を第2の心臓である『足』を使って生かし続けているところに真髄があります。岳温泉でのセミナーが5回目になり参加者の顔ぶれが変わってきたことに気づきました。それはガウダー理論の真髄に迫るために参加する方が多くなってきたことです。2年前から片肺の方は数日前のウォーキングで60kmと30kmを続けて踏破したとか。生まれながらにして臓器不全でも歩くことにより姿勢が良くなってきた方は、今ではスキーで冬の山岳耐久レースにも出場できるようになったとか。若くして脳梗塞に罹りながらも正しい歩き方でほとんど正常な動きになった方。まったく健康体で自らがウォーキングの指導者として活躍中の方などが今回の参加者でした。これらの方々はさらにガウダー理論の真髄に迫りたく今回の参加につながっているようです。
  写真は今回セミナーのヒトコマです。岳温泉観光協会にはウォーキングインストラクターが常駐しており、ガウダー氏直伝のパワーウォーキングをご指導できます。