やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2010/05 の記事一覧
『天地明察』と二合田用水
今話題の『天地明察』(本屋大賞、著者・沖方丁)に二本松藩算学塾である礒村塾が出てきます。主人公の渋川春海が江戸の会津藩邸を出て、渋谷宮益坂の金王八幡宮にある算学絵馬を奉納に行く下りが礒村塾の名が登場する場面です。そこで出会うのが後に妻となる才女『えん』。碁打ち名門出の渋川春海が得意の算学と暦法の才能を会津藩主保科正之や水戸光圀見込まれ、困難な改暦事業を何度も挫折しながら成し遂げるという歴史小説です。金王八幡宮で春海が写し取った中で一番気になった算学絵馬の問が礒村吉徳出題であったのです。
『今、図の如く釣(高さ)が9寸、股(底辺)が12寸の勾股弦(直角三角形)があり、内部に直径が等しい円を2つ入れる。円の直径はいくらか?』
最初に出てくる3:4:5の直角三角形に内接する2つの円直径の問題がズーっと気になり、読み終えても回答が分からままですがハマッテしまうこの歴史小説の作家に感服です。是非、ご一読を。
この礒村塾の礒村吉徳は、京に生れ鍋島藩家人から二本松藩に召抱えられた和算学者として二本松市根崎の善性寺に眠ります。江戸時代の和算家として多くの弟子を輩出し、兄弟弟子には高名な関孝和がいます。この礒村吉徳の設計により作られた用水が二合田用水です。あだたら高原スキー場東側の烏川から取水して18km、複雑な地形を経て霞ヶ城に到達し今も流域の田圃を潤しているのがこの用水です。用水取水口から3kmほど下ったところからは酪農地帯でありウォーキングコースに沿って澄んだ水がゆうゆうと流れます。歩きながら和算学者よろしく直角三角形の相似形の比率から山の高さや木の高さを測ってみるのも気分転換にはもってこいです。キット…
さて、算学絵馬の問い「直角三角形に内接する2つの円の直径」は判明しましたか?
  北極星を基準にして各地の緯度経度を測り、日本初の天球儀を作った渋川春海のように、安達太良山のポイントを眺めながら相似形から高さを算出して見ましょう。和算による解き方で頭を回転させると、きっと心もリフレッシュし新しい発想が生まれるかもしれません。写真は取水口から5kmほど下がった二号田用水沿いの安達太良高原パノラマコースです。歩いた後は岳の湯に浸かりさらにリフレッシュできます。ちなみに186年前の十文字岳温泉へ移転時の引き湯設計は土湯出身の二本松藩算学家渡辺東岳によるものです。この場で改めて御礼を申し上げます。