やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2010/03 の記事一覧
気になる4文字単語
プリクラ、ユニクロ、コロプラ…などなど、カタカナ4文字の似たような単語が最近気になっています。
プリクラについては、この短縮形が完全に日本語の一単語になったように思います。流行りだして久しいけどプリントクラブの略だというのを最近になってようやく分かりました。
  ユニクロについては、私にとって安い衣料品の代名詞だったのが今は、ナントナント超売れ筋下着の代名詞的存在。昨年秋に友人の勧めでヒートテックを買い晩秋の山歩きから着用しはじめ、この冬のスキー場では大変有効な耐寒下着として愛用させてもらいました。そのせいか、今までは気づかなかったユニクロのコマーシャルが目に留まるようになり、夏用下着のシルキードライとサラファインが頭の片隅にかなり刷り込まれております。
  さてコロプラこと携帯端末のGPS機能を使ったゲーム感覚のショッピングサイト。最初はコロプラと聞いても何のことやらサッパリわからず、昨日やっと理解したのですが、移動した距離と買い物にポイントが付きコロニー(仮想空間の街)を育てていくのがミソ。このコロプラ会員に今までに考えられないくらい売れているのが『紅葉漬』『アブラボウの山海漬』と『わさび昆布』だそうです。ちなみにお店の名は二本松の白井本店。我社とは戦前からのお付き合いの魚屋さんです。アブラボウの山海漬が美味しい秘訣は仙台白味噌と酒処二本松の酒粕(大七と奥の松)だそうです。バーチャルコロニーの売れ筋商品らしく、現実世界の白井本店前には今までに考えられなかった大阪とか北海道ナンバーの車が並び、店内はまるでデパートの食品売り場の様相のようです。ケイタイやインターネットの急速な進展のお陰で、思わぬ社会現象が突然近所に現われます。写真は白井本店全景。紅葉漬もアブラボウ山海漬も美味しいですよ。
  コロプラ現象が地方小都市の店の売上に大いに寄与するような時代になりました。3D映画のヒット作『アバター』のような世界はSFですが、温泉の湯船にとっぷりと浸かる行為はバーチャル世界ではできません。是非、温泉にゆったりと浸かりにおいでください。岳温泉はいいマチ=コロニーですよ。そして山はアダタラ=4文字単語の山です。