やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2009/01 の記事一覧
天地人と岳の湯
この冬の天候は大荒れ。11月には2度の積雪、暮れの大風、春のような雪解け雨から暴風雪と荒れた天候の繰り返しです。景気も異常気象と連動しているのでしょうか、連日の不景気報道に不安がつのります。私の景気判断は唯一予約状況による判断ですが、旅館業はいいときも悪い時も伝わる反応が遅い業種です。湯に浸かってのんびり構えているクセが宿六には伝統的に備わっているのか、ゆで蛙になっても気づかないかもしれません。
こんな習性の伝統的宿六に付ける良い薬は旅をすることです。幸いにも旅行代理店の総会が各地で新年早々に開かれます。この総会参加こそアンテナを磨き、良い情報をキャッチする絶好の機会と思って諸国行脚し各地のバス会社などのセールスマンから生きた情報を得ます。ここに来てNHK大河ドラマによる旅行需要の換気効果が顕著で、各観光地はおこぼれにあやかろうと必死です。前回の篤姫、前々回の山本勘助、その前の新撰組と県ぐるみで大河ドラマ対策に躍起になります。今年は「天地人」、直江兼続の舞台上杉領は新潟、福島そして山形であり、このチャンスを逃すまいと各地域とも必死の様相です。それにしてもトップである織田信長や豊臣秀吉がテーマの大河ドラマが最近はなくて、お嫁さんか脇役が主演になりますね。異常気象や異常景気の時は、女の人や現場に精通した人物が集団のリードをする大事な役回りになるのかもしれません。女性知事の誕生もしかりですね。
さて、天地人と福島の関わり。福島県が上杉藩だったのはわずか3年強。会津若松の神指城(こうざし城)が幻の城郭建築であり、上杉家が永遠の繁栄都市を築こうとしたところであることもつい先日知りました。たまたま見たヒットラーの映画に登場する第3帝国の模型と上杉藩の幻の神指城は大分違いはありますが、領主の壮大な思いが同じであったかとも推察致します。会津から減封され、上杉家が米沢盆地だけで小藩ながら実の成る木を生垣にし、地場産業を発展させ上杉藩を幕末まで存続させる基礎を築いた直江兼続の生き方は今の世の中に当てはまると思い、このドラマの人気が判る気がします。
そうそう、福島県が上杉領であった時のエピソードに岳の湯の記述があるようです(テレビには出ません)。大森城(福島市)の城主栗田国時が敵対する伊達軍をおびき寄せる為に岳の湯に湯治に行っているという噂を流し、敵を誘い込み、まんまとやっつけ追い払ったとのこと。何とか、岳温泉も天地人にあやかるネタが見つかりました。ちなみに、写真は塩沢付近から見る鉄山です。この麓から悠久の温泉が湧き出ています。現在の岳温泉は町ぐるみの引っ越しで、ここの源泉から8kmの引き湯をしています。酸性泉の強い泉質が、まろやかな肌触りになって旅館に到達します。福島市から会津に通ずる最短距離がこの山道(湯川渓谷の登山道)だったようです。天地人にあやかって湯に浸かり、悠久の時を感じながら景気対策の秘策でも練ることをお奨め致します。