やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2008/07 の記事一覧
檜山フィットンチッドコースのこと
岳温泉に檜山と言う地名があります。旧岳温泉スキー場のすぐ脇がその地名です。地名の通り天に聳えるようなヒノキも多く、また植樹されて20年くらいの若いヒノキも沢山あります。この道を歩くとヒノキの臭いが強く感じられます。特に若いヒノキのそばはヒノキ材油のいい臭いがして身体が覚醒するように感じます。先日行われた岳クラブの月例ウォーキングは、予定されたコースを大きく変更しこのヒノキの森のコースを入れたコースになりました。その日は全国的に夏日、森の外は30度を越える猛暑でしたが森の中は大変涼しく別天地でした。森林浴の効果は昔からよく言われ続けてきましたが、医学的にも最近その実証実験効果が検証されたようです。医者をやっている叔父が、森林浴の効果検証の雑誌を私に見せてくれたが6月半ば、その雑誌を見る4日前のオリエンテーリング大会の時に、歳甲斐もなく私も出場し、高得点を取るために歩いた道が昔の岳温泉スキー場横、檜山の山道だったので余計に森林浴効果が頭に焼きつきました。偶然にも同じ時期に癌の特効薬開発のテレビ番組を見ており、正常な細胞が癌化するのを抑制する仕組みを映像で見ていたため、森の持つ免疫力増進効果が気になったのでしょう。ちなみに森林浴の効果が医学会でデータとして実証されたのは2006年、2007年の9月だそうです。実際に樹木から発散されるフィットンチッドが抗癌作用を持つNK(ナチュラルキラー)細胞である3種類の抗癌タンパク質を増加させる結果が出たようです。こんな素晴らしい効果を持つ森がすぐ近くにあるのはラッキーなことです。ヒノキの森山道は1.5kmほどの高低差の無い歩き易い道です。背の高いヒノキ林は昔からの檜山の地名の場所に聳え立ってます。そこから少し北側が若いヒノキ林です。越谷市の小中学生が丁寧に植林しており結構な広さです。山道は針葉樹ばかりでなく広葉樹も茂り別天地。写真のようなヒノキもあり野鳥の種類も多く感じられます。いずれ檜山フィットンチッドコースなる名称でデビューするかもしれません。熊に注意して歩いてみませんか?