やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2008/04 の記事一覧
桜とウソのインスピレーション
ウソに食われてみすぼらしい桜になった次の年は見事な桜並木が復活します。お陰で今年は岳の桜が見事に咲き揃いました。昨年は疎らな花つきであったのがウソみたいな話です。ホントです。今年は花の数が多くふさふさしている感じです。岳温泉桜百年の会が発足した甲斐がありました。数年前にもウソに食べられた翌年に岳温泉にあるソメイヨシノ670本を全部手入れし、その時も見事な開花を見ましたが、咲き方が貧弱な翌年は衆知が集まり必ずきれいに咲かせることになります。不思議ですよね。
季節の変化が刻々とはっきりと見えるのがこの時期でもあります。今年は桜坂の咲き始めは4月20日。パッと白い花が見えたと思っていたら3日で八分咲き、気候も良くなり満開が23日でした。すぐに花びらが舞い始めましたが、ここ数日、低気温のせいか今日も桜のトンネルになっています。花が散り若葉が多くなり、安達太良山は全山萌え出します。そして、頂上直下の雪形『駒形・鮒形・千鳥形』が現れ種まきの合図になります。
安達太良山は豊穣のシンボルでもあります。古くから人が住んでいたようで竪穴住居跡群もあります。複式炉のある竪穴式住居の分布数は日本一が二本松だそうです。
仮説:縄文中期には二本松が日本文化の中心地だった。
Q:なぜ複式炉の分布が二本松に多いの?
A:安達太良山と吾妻山の2つの大きな山が見え、2つの火山が同時に爆発し、縄文人がインスピレーションを受けて炉を2つにした…という珍説はいかがでしょうか。この珍説を立証して、複式炉分布日本一の地域を世界遺産登録に持ち込めないかなど考えるのは妄想でしょうか。世界遺産ばやりだから近くにも欲しい気がします。
困難なことにぶつかった時は、皆で協力して何かを成し遂げるとか、それまでに考えても見なかった解決方法が見つかるとかの不思議な現象が現れるようです。ウソに食べられた桜の花とか、安達太良と吾妻のダブル噴火説は、珍説奇説の範囲ですが、何か世界遺産登録のネタはないものでしょうかネェー?
写真は、頂上直下に現れた馬と鮒と千鳥です。判別できますか?今年も五穀豊穣を祈ります。