やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2007/11 の記事一覧
73年間のお得意様
先日、WAFC還暦会からご招待状が届き、赤坂まで行って参りました。WAFCとは早稲田大学米式蹴球部のことです。実は私の祖父が旅館を独立開業した時に、最初に宿泊代を頂戴したのがこの米式蹴球部です。時は昭和9年9月初めのことです。8月30日から10日間の合宿をした代金が記念すべきあづま館最初の収入です。それ以来、太平洋戦争の末期に中止になったことはありましたが、戦後21年から米式蹴球部の合宿は続き昭和62年まで合宿が岳温泉にて行われました。私も小学生になる前から厳ついヘルメットにやたら肩が盛り上がったロボットみたいないでたちのお兄さんたちの事が脳裏に焼き付いてます。毎夏の合宿最終日には、岳温泉の通りの真ん中で焚き火を囲んで大騒ぎ、最後には着ているものすべてを火の中に投げ込んでしまった人も居たような記憶があります。毎年来ていただく大学生の合宿を見ながら、いつしか中学時代を過ぎ、高校生になり、大学時代は同じ年代の体育会系の学生同士として、大学は違っても友人づきあいができるようになりました。私はスキー部でしたので夏のトレーニングは走るばかり、走る事が大好きな監督といっしょに走ったこともあります。私の弟もアメリカンフットボール部に入部し4年間を岳合宿で過ごしました。また、岳温泉でロマンスが実り、めでたくゴールインした学生さんも居ました。
こんなお付き合いだから、私まで招待状を頂くことになったわけです。出席してみて、またびっくり。何と喜寿と古希と還暦のOBの方々のお祝いの会でした。お世話係は還暦のメンバーが4年生だった時の一年生が預かるようです。準備された色紙に手形を押し(私の手はボールを握った手ではありませんが)、出席者全員がサインをします。さらに記念品として燻し銀のヘルメットのレプリカといっしょに頂戴いたしました。写真には7月に私の還暦誕生日に宿泊して下さった皆から贈られたミニチュアボールも入ってます。創業以来の73年間のお付き合いのお陰、感謝、感激、御礼の申し上げようがありません。
今年の早稲田大学米式蹴球部は5戦全勝。11月23日には同じ全勝同士の法政大と決勝戦だそうです。勝って、甲子園ボールでの東西戦をも征し、日本一になってもらいたいですね。応援をお願いします。