やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2007/09 の記事一覧
福島産ビール考
我が宿のラウンジには福島産ビールが2種類置いてあります。一つはみちのく福島路ビール、もう一つはアサヒスーパードライです。両方とも生産工場が岳温泉から車で30分くらいのところあり、原料になる水はどちらも安達太良山系のもの。本宮のアサヒビール工場の強大なタンクの立ち並ぶ景観には圧倒されます。アサヒスーパードライはニコニコ共和国ビールでもあり、スーパードライになる前から岳温泉地域のビールシェアの80%位を閉めています。昨年8月31日にニコニコ共和国は日本国統合になりましたがニコニコ共和国ビールは各旅館にありますので、工場直送の福島産ビールを味わえます。
 一方の『みちのく福島路(じ)ビール』は年間生産量150klの福島市の地ビールです。こちらは10年の歴史を刻む地ビールです。現在の社長は吉田重男さん。生産は双子の息子さん達が手作りビールづくりを意気に感じてやっています。先日工場を見学するチャンスに恵まれ、生産工程や原料のことを教えていただきました。アサヒビールの生産工場とは比べ物にならないくらい小さな工場ですが、原材料の麦芽(モルト)に生きた酵母が作用して美味しいビールに成る工程が充分すぎるほど理解できました。それ以上に感動したのは吉田親子の職人魂とマネジメントの確かさです。ビールの種類は、ピルスナー、ヴァイツェン、デュンケル、レッド・エール、Oh!ラガー、ピーチエールなど7種類もありそれぞれ個性があり美味しいこと請け合いです。工場から30分以内の配達距離が重要ポイントであり岳温泉の他に、土湯、飯坂、福島市内のホテルに置いてあるようです。ビールの劣化を防ぐ為、ビン詰めの際に空気が入らない工夫だとか、すごい努力の結晶が福島路ビールであることを理解し、さらに美味しくビールを飲めるようになりました。岳の湯に浸かった後に飲む福島路ビールはまた格別の味です。是非、御賞味下さい。