やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2006/05 の記事一覧
桜見物から感じたこと
青森市での会議のついでに、桜で超有名な弘前城に立ち寄り、岳温泉の旅館旦那衆と共に、素晴らしい桜見物をしてまいりました。今年は岳温泉復興100周年であり、岳温泉の桜坂のソメイヨシノも既に樹齢90年ほどになり、数年前にはテングス病になったり鷽(ウソ)につぼみを食べられてしまったりしたので、これからも桜の名所であり続けるべく、最北端の桜の名所を垣間見て参考にしたかったからです。弘前城の樹齢100年以上の古木のソメイヨシノは、大事に保護されており花のつきも良く、お堀端の水面ギリギリまで枝が下がる様は見事なものでした。散った花弁は、お堀の水面いっぱいに広がり、まるでピンクの絨毯のようでした。枝垂桜はちょうど満開、雪の岩木山をバックに記念撮影をすることができました。北海道からの修学旅行生も多く、またスケッチブックを手にした中学生グループは、我々のような旅行者に丁寧に接する様は、ご先祖から守り育ててきた桜を、誇りを持って見せているのだという自負さえも感じる事が出来ました。2600本もの桜が生き生きして、一本一本の樹に花の付き具合がいいのは、周辺のりんご農家の人たちが率先して手入れしているからのようです。大木のソメイヨシノは地面からねじれ上がり、樹齢100年以上に違いありません。岳温泉の桜坂などは、まだまだ若い樹だと認識でき、改めて地域ぐるみの心を込めた手入れの重要さを感じたしだいです。お堀端の『野の庵』という瀟洒な蕎麦屋で昼食をとり、桜情報を詳しく仕入れてから桜見物に出かけたことも、桜に対する認識を新たにしてくれました。私たちの言葉使いが津軽弁ではないのを感じ、女将が色々と話してくれたことがすごく好印象でした。津軽岳温泉のことを尋ね、我々も福島の岳温泉からきたことを話すと、わが宿にも松渓苑にも泊まったことがあるらしくお互いにビックリしました。「岳温泉はいい温泉場ですネ。岳の良さをズーっと残してください」とのご進言もいただきました。また、「私は日本一のおいしいお酒は『大七』だと思います」とも言って下さいました。他県の方から、ふるさと産品が絶賛されるのはすごいことです。二本松城の桜も絶賛されるようになりたいものです。まずは岳温泉の桜、700本を本気で手入れしたいと思います。