やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2006/01 の記事一覧
狂歌教室開講
平和でのんびり過ぎる岳温泉に住んでいても、ホリエモンショックは大きなショックでした。たった10年間で8000億円の価値を創造し、プロ野球やフジテレビ買収劇、はたまた衆議院議員立候補などで超有名なマスコミ寵児が、一転、東京地検捜査逮捕となり世の中の仕組みがいったいどうなっているんだろうと唖然とするばかりでした。1月後半はショック状態が大きかったんで、思っても見なかった狂歌教室を『あぐだもぐだ』ページとさせていただきます。

ホリエモン 塀から落ちて ドザエモン
  バーチャルの森消え 立ち木6本 (岳安)
月見れば 寒気を透かす 虚しさや
  金よりほかに 知る人ぞなし  (樽睦)
寒冬の 塀の冷たさ 身にしみて
 暖とる君は 重ね着Tシャツ (宮智)
ウソばれて 株価下がりぬ また百円
 時価総額は 紙とちりゆく (栃玲)
我が庵は ヒルズの丑寅 麻原ぞ住む
 はみ出でし腹 同類を証す (樽睦)
小泉を覆い隠せし 竹の中
 前原開けて  亀井万(満)面(岳安)
高窓に 寒月さして 薄明かり
これもまた 想定内と 呟いて(@がん)
人の世はうつろうものとことわりの
ひとり芝居のボケツホリエモン(字余り)(@がん)
淡き夢 かよう看守の 靴音に 行く世 案ずる ドアの株守 (栃玲)
いかがですか?たまには、世の中を斜めに見るのもいいでしょう。
2月3日は節分です。二本松では「鬼はー外!」とは言いません。「オニー、ソト!」といいます。藩主丹羽様を敬う二本松の風習です。二本松にはこんな世相の時に注目される名物もあります。ロッキード事件やリクルート事件の時に引き合いに出された『戒石銘』という大きな自然石がそれです。藩士の心得を登城門に記してあります。今回のホリエモン事件ではまだマスコミに登場しません。せっかくですからこの戒石銘からの一句…『上天は 欺き難し 花の雲  零雨』
是非とも、戒石銘の碑文を見に二本松へお出かけください。
小正月の団子さし
今日から小正月。昨日14日は温泉神社のどんと焼きでお正月をお送りし、いよいよ正月気分から身も心も抜け出し仕事に励まなければならない時期に入りました。余談ですが、昔、岳温泉ではお正月の餅つきを12月31日の早朝4時からやっていたそうです。暮れの30日までギリギリ働いて、やっと正月を迎えることが出来たのが昔の岳温泉の生活ぶりだったようです。
 商売柄、旅館業は年中無休ですが、どうも休日3連休法でハッピーマンデーになり、かえって気持ちに余裕がなくなった気がします。6日を出初として頑固に伝統を守り続ける東京やいわきはカッコいいと思います。7日に七草粥を食べ今年一年の健康を祈り、15日に成人式をするのがやっぱり体のリズムに合っている気がします。今年の二本松は8日が成人式、9日が消防団の出初をするような不思議な配列になってしまいました。お陰で、何となくペースが狂った気がし、12月初旬から長く続いた厳しい寒さが急変、3月下旬の陽気になったのは「暦変更の所為だ!」と勝手な思い込みをしてしまいそうです。簡単にカレンダーを変えるから世の中が滅茶苦茶になるんですよね、きっと!?暦の制定は陰陽師安部清明に任せるべきでしょう。
 余り暦の話にこだわると、変わり者のレッテルを貼られそうなので少し我が宿のPRを致します。昨年11月1日より我が宿は『24節気玉手箱料理』なるものに取り組み15日ごとに季節のテーマを持って料理を始め館内の装飾やイベントに取り組んでいます。1月16日からは『小正月玉手箱』になります。玉手箱の中身は秘密、開けてビックリとなるよう調理場スタッフ一同頑張って包丁を握っています。ちなみにフロントには当館総支配人作の『団子さし』があります。枝振りのいいミズキの木に米の粉を練った本物の団子をさしました。私が小学校の3年ぐらいまではやっていた記憶がありますが久々に復活し、お客様歓迎の団子さしになりました。二本松近辺の歳時記にこだわった『あったかい宿作り』を今年も目指します。冬期間恒例の『あったか抽選会』始まりましたので、是非、あったかい湯につかりにおいでください。
2006年初日の出です
新年明けましておめでとうございます。
お健やかに新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
今年は岳温泉復興100周年の年に当たります。岳温泉が現在の地に明治39年に復興して100周年の節目を迎えることになります。100年間の感謝の気持ちを、岳温泉全体で今年1年間表すような年に致しますので何卒よろしくお願いいたします。
さて、写真は、2006年1月1日、午前6時56分のご来光です。100周年を記念しての初日の出ゴンドラが本日5時30分より無事運行いたしました。私もこの『あぐだもぐだ』なる文章を読んでくださる皆様にご来光の写真をお届けすべく元朝参りのあと2時間ほどの睡眠で5時に起床し無事写真を撮る事が出来ました。晴天ではなかったのですが薬師岳山頂付近から阿武隈山地の移ヶ岳(994.5m)から昇るご来光です。朝日に映える雲の間からの初日の出は、風もなく、今年が穏やかな年であることを表しているのかもしれません。
皆様にご来光写真をお届け致したく早起きして撮影した甲斐がありました。無事に写真撮影をしたあとは2006年初すべりでした。山頂付近は一昨日の新雪が60cmほどあります。今シーズンからスキー場のコース名称が星座にちなんだ名称になったので、処女雪に近い(少し風で舞って重い感じでしたが)アンドロメタなる急斜面コースを深雪滑走、さらにゲレンデ部分はきれいにグルーミングされた快適バーンでした。爽快な気分で会社に戻りパソコンキーボードを叩いています。今までに経験したことのないほどスキー場の積雪状態は最高ですので是非滑りにおいでください。
『早起きは三文の徳』です。特に2006年は、気分爽快に新年を迎えることが出来ました。
『安達太良を 神と拝みて 年迎う    ―零雨―』
今年も、皆様にとって幸多い年であることをお祈りし、ご来光写真をお届けいたします。