やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2005/11 の記事一覧
日展のこと
第37回日展が上野公園の東京都美術館開催されています(11月2日〜11月23日)。さてこの日展なる日本最大の美術公募展はわが二本松に大いに関係があります。会長は二本松出身の大山忠作画伯、そして理事長は彫刻家の橋本堅太郎先生(現、東京学芸大学名誉教授)であり、二本松の血が日展の盛衰を握っているといっても言い過ぎでないと思います。先日、橋本堅太郎後援会主催の『橋本先生と日展を見る会』に私も参加し全国から応募された作品を観てまいりました。橋本堅太郎後援会の副会長を父が勤めている関係上、私は副会長代理でした。ちなみに会長は元市長の大河内鷹さん、もう一人の副会長は現、市議会議長の斉藤元さんですが事務局長兼任というもったいないような陣容です。後援会の陣容以上にもったいないのは、事業の一つに橋本堅太郎先生を囲む旅行会が毎年行われ、先生ご夫妻と一緒にしかも解説付きで各地の国宝になっている美術品を観賞する旅行ができることです。残念ながら、私はまだ一度も参加したことはありませんが、父たちは京都や奈良などで、普段一般には直接近づけないような国宝級の作品を堅太郎先生の解説付きで毎年堪能しています。母曰く、「まるで、大学のゼミナールみたい!…」な旅行らしく、橋本先生の底深い人間性がにじみ出るお話にいつも感動するそうです。今回の、堅太郎先生の作品名は『日ざしを追う』ですが、奥様が病に倒れられ長い闘病生活での思いを作品にされたとのこと、今回の後援会総会に出席されるため久しぶりにわが宿にお泊りいただき、ご自分の作品である甲子大黒天(昭和59年作)にお参りし、また忙しく日展会場に向かわれたようです。ちなみに岳温泉神社のご神体は薬師如来像、こちらはお父様の橋本高昇氏の作品です。また、1996年の岳温泉復興90周年事業には、原画・大山忠作先生、彫刻・橋本堅太郎先生による共同作品である岳温泉十二支めぐりを特別のご好意で作っていただきました。今考えると冷や汗ものです。お二人そろって日展の会長と理事長になられ、期せずして日本に唯ひとつの版画でめぐる散歩コースに最大級の箔が付いたことになります。2007年に迎える日展100周年を大山・橋本両先生のコンビで迎えられるようです。ちなみに、来年2006年は岳温泉復興100周年、元旦に『復興100周年記念初日の出ゴンドラ』が5時30分より動きます。あだたら高原スキー場で初日の出を拝みに早起きしませんか?
ついでに温泉神社で甲子大黒天にも参拝され十二支めぐりもお楽しみください。
十文字岳温泉再興候補地検分記
10月30日、岳文化協会のメンバーと『岫(クキ)下』なる場所の探索に行ってきました。この地名は元岳の山崩れによる全滅(1824年)の後、移転先候補地として挙げられた2ヶ所のうち1か所の名称です。我々のご先祖である深堀村住民の進言により、一度はテーブルの上に乗った幻の岳温泉再興地であります。その場所が実際にどの辺りであったかを推測するのは胸踊ることでした。この岫下なる地名が急にクローズアップされるようになった理由は、私の安達高校時代の恩師・若林伸亮先生のお力によります。先生は本宮町町史編纂委員などもお勤めになり郷土史研究家としてもご活躍です。2年前、二本松藩丹羽公入府360年記念事業の一つとして『十文字岳温泉復元のための基礎調査』を編纂していただきました。お蔭で、東北一繁栄したと言われ、戊辰戦争で消滅した十文字岳温泉(1826〜1868)の様相が明らかになりました。その中の今泉文書(郡山市歴史資料館所蔵)に収められていた180年前の絵地図をもとに『岫下』なる温泉移転候補地を現在の地図と照らし合わせの実地探査はロマン溢れることです。めったに立ち入る事のない山道を歩き、辿り着いた場所は紅葉のきれいな静寂の地でした。同行のメンバーからは色々な意見が出され、『岫』の持つ意味(〜山のいただき〜山中の洞穴)から、昔から熊の穴と呼ばれている現在の二本松市第一水源が『岫』であり、その下部の比較的平坦なところが『岫下』であろうという一応の結論に落ち着きました。余り上部では安達太良の寒風が吹きすさび(写真)肌を刺します。岳温泉再興地の『岫下』案非採択の理由は、ここが御用水(二合田用水)の取り入れ口上部であり、かつ冬期間の積雪が多くオールシーズン営業に難しいとの判断からでした。検討の結果、3kmほど下部に場所が選定され十文字岳温泉再興になったわけです。この事業は二本松藩の一大事業であり、街並み作りやテナントの配置など、私たちにも大いに参考になります。おりしも、来年は岳温泉が現在地に復興して100周年です(明治時代は深堀温泉として営業。こちらは明治36年に大火全焼)。様々な事業を岳温泉挙げて実施する予定ですが、さらに100年先の照準を見定め、地域ぐるみで全国一の温泉地づくりにも取り組みます。変わらぬご支援をよろしくお願い致します。