やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2005/09 の記事一覧
安達太良山・紅葉絶景
一週間ほど前、「兄貴!サライの表紙に振子沢が出ているよ!」と東京に居る弟がいきなり電話をくれました。今日ようやく雑誌『サライ』を手に入れてみたら、『忘れじの紅葉絶景』のタイトルの見事な青空と紅葉の写真でした。普通の人は紅葉の写真に惹かれて雑誌を買うはず、弟が「振子沢がでているよ!」と言ってのけたのはやはりふるさとの山であり、振子沢が安達太良山中で格好の山スキーゲレンデなる場所だからだと推測します。20ページの見開き写真全体はさらに素晴らしく、青空と少し雪が被った稜線と、五葉松平から山頂にかけての赤、黄、橙、緑に見事な配色につい吸い込まれてしまうような見事な写真です。22ページには『紅葉する木の種類と、その理由』というタイトルで岩槻邦男先生の解説があります。その解説の中に「…また、急激な温度差があると離層(落葉前にできる葉と茎をつなぐ葉柄基部にできる層)が一時に作られ、葉緑素が一斉に分解するので、より鮮やかな赤や黄を呈する…」とありますが、我が安達太良山の秋の気候は時としてキリっとした寒さが来るのが特徴、「だから紅葉が抜群にキレイなのです」と断言してもいいかもしれません。24ページには『安達太良山』のタイトルで登山家の田部井淳子さんが、詳しく解説されています。こんな風に記事で我がふるさとの安達太良山が取り上げられるのは有難いものです。安達太良山へは奥岳からゴンドラで一気に1350m地点まで行くことができます。ゴンドラ山頂駅からわずか徒歩5分で『忘れじの紅葉絶景』の大パノラマにお目にかかれます。是非、この秋も安達太良山へおいでください。