やっちゃんのあぐだもぐだ
過去の記事
2004/07 の記事一覧
二本松少年隊
 毎年7月28日、29日は二本松少年隊の顕彰祭と墓前祭が行われます。今年も二本松藩丹羽家十八代当主の丹羽長聡(ながとし)様にご出席いただき厳粛に式典が行われました。その際にご当主の丹羽様からのお話が大変いいお話でしたので、お殿様の受け売りですが記したいと思います。お知り合いのご家族の話だそうです。この家族は毎年7月29日には家族全員で夕食を共にするそうです。お仕事があっても必ずこの日は全員決められた時間に集まり、夕食の席で、『家族愛・愛国心・郷土愛』について一人ひとりが意見を述べ考える場にしているのだそうです。この家族のお母様が二本松に関係のあった父親から受け継ぎ、お嫁に来て別の姓になっても良い習慣として受け継いでいるそうです。このお話をお聞きし、自分としては子供達が既に大きくなりすぎ時期を逸したことに残念至極と思いましたが今からでも誰でも実行できることですね。
 二本松少年隊は戊辰戦争の際に郷土と信義を守るため西軍と戦いました。62名の隊員の内12名が実戦で亡くなっています。少年隊の年令は木村銃太郎隊長22歳、二階堂副隊長28歳、隊員の年令は12才から17才、今の小学6年生から高校1年生ぐらいまでです。毎年の少年隊顕彰祭には多くの方々が出席されます。少年隊の悲劇を繰り返さないような世にする為、『家族愛、愛国心、郷土愛』について語る日を7月29日に制定するような運動でもしようかとお思っています。
チンパンジーのあくび
 チンパンジーも人間と同じようにアクビが伝染するとのこと。チンパンジー家族が集団で暮らしていて退屈になってアクビをしたら、隣のチンパンジー家族もアクビをし、「退屈ですねーッ」「少し旅にでも出ましょうか?」と語りかけたのが2本足で歩き出した数百万年前の人類の旅の始まりだぁ……と、変な理屈でもつけたくなるようなうだるような暑い夏です。
 気温が高すぎるのか野山に食料が無いのか『安達太良(あだたら)の嶺(ね)に伏す鹿猪(しし)』ならぬ『熊』が安達太良サービスエリアに金網越しに侵入したとか、人間世界が動物世界の境界を侵しているのだから金網フェンスを乗り越えられても仕方ないですね。数年前にカモシカが岳温泉の街を闊歩し、旅館の中階段から屋上に上ったこともあります。
 チンパンジーの『アクビが人類最初の旅』論から想像すると最近のウォーキングブームは何となく理屈が通ります。休みが多くなり定年後の人口が益々増え、時間はあり余るほどある。テレビばかりも見てられないし、「あー、退屈だなぁー」っとアクビが出て「散歩でもしようか」と一歩踏み出したのがウォーキングブームでは?
 岳温泉では今『日本一多様な散歩道を持つ観光地づくり』に取り組んでます。昔から大人気の安達太良登山、奥岳自然遊歩道、十二支めぐり、オリエンテーリングコース、公認ウォーキングなどはすでに多くの『歩く人々』に楽しんで戴いてます。さらに『歩く』をテーマに楽しい観光地づくりをしたいと思っています。暑い下界から涼しい岳温泉にお出かけください。
朝の散歩道
 朝の散歩に一番適している温泉は何処ですか?…すかさず、岳温泉と応えられます。地形が平坦過ぎることも無く、急峻すぎることも無く、山道に入ることもでき、適当にクルマも走り、川もあり、沼もあり、ブナ科の樹木も多く、適度に針葉樹もあり、神社や小学校もあり、古いお墓や、道端に石塔もあり、文学碑などもあります。朝の空気は格別に美味しく早朝1時間ほどの散歩には最適の温泉は岳温泉が一番だと思っています。歩き出しは平坦地でウォームアップし、緩やかな坂道を少し心拍数を上げ、汗ばんだところで森林のニオイに触れ、平坦地に入ります。しばらくして、山道に入り杉っ葉の敷き詰められたところをフィットンチッドのにおいをかぎながら、緩やかな下りに入り、古い温泉集落の石垣に昔時を偲びながらお墓を通り、国道を注意して横切り、鏡が池という沼に到着します。俳句の文学碑を眺め180度振り返ると安達太良山のうつくしい山容に心を奪われます。桜坂の桜トンネルを緩やかに登ればゴール地点です。桜坂の途中では温泉(引き湯管の最終点)のにごり具合から源泉の気象状況をみることができ、お土産店や豆腐屋のあるメインストリートに戻ります。皆で「おはよう」と声掛け合える、ほのぼのとした温泉の朝に出会える散歩コースです。
花見風呂完成
 女子大浴場の露天風呂『花見風呂』がようやく完成しました。祖父(故人)と父(現会長義一)が皇紀2600年を記念して植樹した檜材をふんだんに使った露天風呂です。岳温泉の泉質は酸性泉のためにすぐに滑りやすくなるので、檜材の表面に滑り止めの溝切り加工を施してあります。花見風呂の名称は男子露天風呂が月見風呂なので女性には『花見』と決め込みました。藤の花の季節には間に合わなかったのですが、できるだけ明るい感じで『花』を観賞できる露天風呂にしていきます。ちなみに、冬は男女とも『雪見風呂』になります。